テーマ:

高山駅から飛騨民俗村まで[上]-高山第5回【12/15】高山駅東西の入口。駅西から飛騨の里への導入路

[第561回] 高山シリーズ第5回【12/15】    「飛騨民俗村」の「旧 野首家」「旧 新宮村の郷倉」「山岳資料館(旧 高山測候所)」に訪問時、私の他には訪問者はなかった。「飛騨高山美術館」は外国人の来訪者があったがすいていた。常設展の美術館が企画展に比べてすいているのは一般的かもしれないが、もう少し来場がないと運営は苦しいのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新装「高山駅」。周囲の景観との調和を考えた建物だが。及、屋根とは何かわかっていない建築会社について

[第471回] 高山シリーズ第4回≪15≫ 「東山遊歩道」と日の出天満神社・大八賀神社以外の(3) 【4】 JR高山本線「高山」駅    金沢から乗ったバスで、白川郷のバスターミナルで降り、高山行きに乗って高山バスターミナルに着いて、ふと見ると・・・・・→ なんだ、これは! ※《YouTube-「芸術は爆発だ!」「何だ、これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢駅「鼓門」「もてなしドーム」、金沢大病院、金沢暮らしの博物館、泉鏡花記念館、金沢別院 他

[第456回] 【1】   アフロ『絶対に行きたい! 世界の現代建築』(2013.1.1. 中経出版 中経の文庫)に掲載されている金沢駅の写真2枚のうち、特に、「鼓門」の方は、斬新といえば斬新、奇抜といえば奇抜だが、グロテスク、悪趣味という感じがしないでもなかった。 で、金沢駅には東口と西口があり、北陸本線・IRいしかわ鉄道・北陸新幹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香取神宮参拝【5/5】そば屋かスーパー銭湯か佐原駅か。神社色の香取駅。権威主義的「設計士(さま)」

[第425回]    佐原は、古くからの建物が残っている街としてけっこう有名ですが、香取神宮の香取と佐原は近くではあるが別の街という印象を私は持ってきたのですが、今はどちらも香取市で、市役所はJR成田線「佐原」駅の北側にあります。 香取神宮に電車で行く場合には、最寄駅はJR成田線・鹿島線の「香取」駅ですが、香取駅にはバス停もタクシー乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日比谷線六本木駅、大江戸線大門駅、吊革の色による印象。暑苦しそうなフリーダムアーキテクツデザインの家

[第378回] 都営大江戸線「六本木」駅と東京メトロ日比谷線「六本木」駅、大江戸線「麻布十番」駅、大江戸線「大門」駅、京浜東北線と総武快速線の吊革について、他(2) 【2】東京メトロ日比谷線「六本木」駅   今となっては6年ほど前、愛知産業大の守屋先生が設計された都営大江戸線「六本木」駅を見学するために六本木に足を運んだ際、東京メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大江戸線「六本木」駅―色彩のある白黒、「夜の前提」の建築、暗くなりすぎない配慮、エスカレーターの天井

[第377回] 都営大江戸線「六本木」駅と東京メトロ日比谷線「六本木」駅、大江戸線「麻布十番」駅、大江戸線「大門」駅、京浜東北線と総武快速線の吊革について、他(1) 【1】都営大江戸線「六本木」駅   都営大江戸線の「六本木」駅は、愛知産業大でお世話になった守屋先生の設計によるもので、これまで、六本木駅を見学するために、2度、訪問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪天満宮参拝 1―大阪天満宮への道。駅名と地名。天神橋と天満橋。納得いかないJR東西線の駅名。

[第242回]冤罪を晴らす神さま・菅原道真・怨念を晴らす全国お百度参り(16)‐1    大阪天満宮(大阪市北区天神橋2丁目1番8号)に参拝いたしました。    全国の天神・天満・菅原・北野系の神社で、「日本三大天神」として、京都の北野天満宮・福岡県の太宰府天満宮と、あと1つとして、山口県防府市の防府天満宮を入れる説、神奈川県鎌倉市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more