「小腸イレウス」で入院しましたが「子供」を大義名分に私に世話になった女と夫と子供はなぜ私のために尽力しないのか。す…

[第968回]   2022年10月、千葉県から大阪府まで自家用車で行き、中1日で帰ってきたのですが、千葉県から東京都を通って大阪府まで往復するからには途中で1か所くらいどこか寄りたい・・という誘惑にかられて、かつ、途中で「気分転換」になるか、もしくは途中で「区切り」になることで、それまでとそれ以降とで2つに分かれることで運転しやすく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刈谷P.A.・海老名S.A.・東京料金所P.A.?にて。「国民を守る」ではなく「国家を守る公務員」募集の自衛隊、今…

[第967回] 【1】彩色観覧車がある刈谷「パーキングエリア」(伊勢湾岸道)   神社の「摂社」と「末社」というのはどこに違いがあるのか。何を基準として決まるのか。戸建の祠の神さんが「摂社」で長屋に入居している神さんが「末社」かというとそうでもないようで、けっこう大きな戸建に住んでいる神さんが「末社」だったりすることがあり、戸建とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀大社参拝[8/9]多賀大社から多賀町役場前・胡宮神社前を通り「多賀」サービスエリアまで。「S本は~新幹線に~乗…

[第966回]   多賀大社参拝の8回目です。 多賀大社は境内に入るのに拝観料などは必要ありません。誰でも無料で境内に入らせてもらえます。但し、そうはいっても、そこを掃除している人だっているわけですし、施設の維持費用だってかかるでしょうし、僧侶にしても神職にしても「ボーズ丸儲け」みたいなものがいいとは思いませんが『新約聖書』の「福音書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀大社 摂社 天満神社参拝ー多賀大社[7/9] 近江の地の「学者商人」の神か。

[第965回]冤罪を晴らす神・怨念を晴らす神・菅原道真 お百度詣り 第64念   多賀大社(滋賀県犬神郡多賀町多賀 )の神門(表門)の左手前(手前の西側)、太鼓橋・そり橋の左奥(西側の奥)に摂社なのか末社なのかの天満神社があります。摂社と末社の違いというのは、これはサービスエリアとパーキングエリアの違いみたいなもので、そう明確ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀大社参拝[6/9]神輿庫・鐘楼・日向神社。瓊瓊杵尊と考える「天下り」、人は住宅に「美人薄命」と「スーパー高耐久…

[第964回]   滋賀県犬神郡多賀町の多賀大社 参拝の6回目です。 ↑ 拝殿の左手前に授与所があります。御朱印はそこでいただけます。授与所の左が社務所になっており、その南側の向いの場所に参拝者用の食堂があります。こういった神社に参拝した時は、建築探偵団として建築をなめるように見てまわるというのも悪くはありませんが「そこで時間を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀大社参拝[5/9]拝殿・本殿・翼廊。高宮の旧中山道から多賀道に入る所に一の鳥居があるらしい。ガチンコ派は表門か…

[第963回]   多賀大社参拝の5回目です。 私は「八百長裏口医者屋民族」ではなく「ガチンコ民族」ですから、民族の掟に従い、御神門(表門)から入ります。   ちなみに、東京圏在住関西人には2種類の関西人がおり、それは「糸引き納豆食べる関西人」と「糸引き納豆食べない関西人」の2種類で私は「糸引き納豆食べる関西人」なのだが、「糸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀大社参拝[4/9]鳥居・太鼓橋・愛宕神社・秋葉神社・御神門(表門)・手水舎・神馬舎。最近、本物の馬がいない神馬…

[第962回]   滋賀県犬神郡多賀町 の 多賀大社参拝の4回目です。   この鳥居をくぐると正面に太鼓橋があります。↓ ↑ 骨組みは石で組まれていて、橋の床板は木でできています。 実際に渡ることも認められていますが、渡りにくそうで、横に普通の橋があることから普通の橋を通りました。   現地の説明書きには、この太鼓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀大社参拝[3/9]多賀大社前駅から絵馬通りを経て多賀大社へ。真如寺・日向神社・笑門。多賀大社とは。イザナギ・イ…

[第961回]   近江鉄道多賀線「多賀大社前」駅の前を通って川(「車戸川」と言うらしい)を渡った先のT字路 ↓ ↑ ここを左折して 県道225号・多賀停車場線・「絵馬通り」を進みます。  ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓ 昔からの通りのようで、多賀大社の周囲に参拝者用の駐車場もありますが、多賀大社に行くには「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀大社参拝[2/9]名神「多賀」S.A.より近江鉄道「多賀大社前」駅へ。お茶色の近江鉄道電車。鳥居をくぐり「絵馬…

[第960回]   多賀大社参拝の2回目です。名神高速道路の「多賀」サービスエリアの「東行き」(西側)に駐車した上で陸橋で「西行き」(東側)に移動して、陸橋の足の横から外にでました。外に出ると、 ↑ 「敏満寺(びんまんじ)遺跡跡」と説明書きがある場所があり、その北側の道を東に行くと名神高速道路と並行して南北に走る一般道に出ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀大社参拝[1/9]「多賀」サービスエリア・敏満寺遺跡・東京ー大阪間の自動車の経路について。「Sは新幹線に乗るぞ…

[第959回]   滋賀県犬神郡多賀町 の 多賀大社に参拝してきました。 多賀大社は彦根市? ・・と思ったのですが、彦根市と犬神郡多賀町(たがちょう)の境目に近い場所ですが多賀町、犬神郡多賀町と犬神郡甲良町(こうらちょう)との境目とも遠くない場所ですが滋賀県犬神郡多賀町にあります。   交通手段としては、「鉄道派」にとってはぜひとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性が男性の服を着ても違和感がないのに、なぜ男性が女性の服を着るのは問題があるのか。男性用を女性が・女性用を男性が…

[第958回]   世の中には「男性用」「紳士用」と指定された服・靴・時計などがあり、「女性用」「婦人用」と指定されたものがある。中には「男性用」「紳士用」も「女性用」「婦人用」もたいして変わりはなく、洗剤でも「台所用」「風呂場用」「トイレ掃除用」と名前がつけられていても内容はほとんど変わりはないというものがあるごとく、「男性用」「紳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨に濡れた場合を考えて作られた浜松サービスエリアの「建築屋的思考」で造られた展望台。大平(おおだいら)城跡とは。西…

[第957回]   静岡県の「浜松市」は、「労基法違反の(株)一条工務店」が本来なら従業員に払っているべきカネをちょろまかして貯め込んだカネの一部分を「防潮堤の費用」という大義名分をつけて300億円せしめた反社会的勢力である。   そういう「反社会的勢力」にはカネを渡すのは反社会的行為である。ゆえに、浜松市内で買い物をしたり、浜松市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友田家(周智郡森町)見学[6/6]上屋・下屋からなる構造、自然木を使用したつっかい棒、屋根の上の換気棟? きれいで…

[第956回]   静岡県周智郡森町亀久保 の 友田家住宅見学の6回目です。   吉澤政己『日本列島民家の旅(6)中部1 東海・中央高地の住まい』(1996.4.30.INAX出版)には、 《 構造は、上屋・下屋をもつ形式で、上屋梁を上屋柱から前後半間持ち出しにして、全体で梁行き4間の上屋としている点、上屋梁上に束を立てて、叉首の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友田家(周智郡森町)見学[5/6]火鉢か掘りごたつくらいの高さのある囲炉裏があるダイドコロ、上屋・下屋からなる構造…

[第955回]   静岡県周智郡森町 の 友田家住宅 見学 の5回目です。   「ヒロマ」の後ろの位置に「ダイドコロ」がありますが、「ダイドコロ」と言っても現在の住宅における台所とは少々違います。   現在の住宅においてなら、「キッチン」ではなく「ダイニングキッチン」のようなものになるでしょうか。それだけではなく、これまで、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友田家(周智郡森町)見学[4/6]一般の柱と同材を床の間の柱とした床の間。中の間と奥座敷は二間続きだが、槍の間と中…

[第954回]   静岡県周智郡森町亀久保 の 友田家住宅 見学の4回目です。   現地で方位については、だいたい、北側に山を背負って北風を遮るような配置で建っているようだと考えたものの、それほど、よく考えなかったのですが、吉澤政己『日本列島民家の旅(6)中部1 東海・中央高地の住まい』(1996.4.30.INAX出版)に掲載の間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友田家(周智郡森町)見学[3/6]広間と御霊屋、槍の間・中の間・奥座敷と床の間。架構を魅せる広間と天井が貼られた奥…

[第953回]   友田家住宅(静岡県周智郡森町亀久保)見学の3回目です。 ( ↑ 静岡県周智郡森町亀久保336 友田家住宅。)   大戸口(おおどぐち)から土間に入ると、左手に「ヒロマ」があります。↓   ヒロマは畳敷きで20畳の広さがあります。↓ ↑ 「狼除け」という太い格子が窓に入っているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友田家(周智郡森町)見学[2/6]山間部の民家・狼除けの格子・大戸口と入口脇の囲い。住宅営業は入居者宅に案内してい…

[第952回]   静岡県周智郡森町亀久保 の 友田家住宅 見学の2回目です。 ( ↑ 静岡県 周智郡 森町 亀久保336  友田家住宅。 )   入口手前左に「友田家なりたちと重文民家」と題した森町教育委員会による説明書きがあり、入口右脇に「重要文化財 友田家住宅」と題した友田義範さんと森町教育委員会・森町文化財…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友田家(周智郡森町)見学[1/6]「遠州森町」スマートインターチェンジから友田家住宅まで。山と清流がここちよい吉川…

[第951回]   天竜浜名湖鉄道「遠州森」駅に続いて、静岡県周智郡森町亀久保 の 友田家住宅 見学の1回目です。   新東名高速道路「遠州森町」スマートインターチェンジからと、「森掛川」インターチェンジからと同じくらいの距離です。   今回は「遠州森町」スマートインターチェンジから行って、「森掛川」インターチェンジから帰りました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠州森駅前、静岡銀行と天浜線のラッピング列車。地方と都市圏との状況の違い・静岡県と非静岡県の違いを理解できない一条…

[第950回]   天竜浜名湖鉄道「遠州森」駅の3回目です。   「遠州森」駅の前は、それほど広くはないけれども、一応、ロータリーになっているのですが、「タクシー乗り場」はあっても、もちろん、客待ちのタクシーなんて停まっていません。   友田家住宅に自家用車ではない手段で行くとすると、タクシーを呼んで行くか、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「遠州森」駅。枕木使用の掲示、木製建具・木製ベンチ、切妻造の車寄せ、「遠州森」(駅)の石松、なまこ壁のトイレー友田…

[第949回]   天竜浜名湖鉄道(「天浜線」)(旧 国鉄 二俣線)「遠州森」駅の2回目です。 左手前に「国 登録有形文化財」に指定された旨の表示があります。↓ ↑ これがいいと私は思ったのです。これまでにも、このような票を見たことは何度もあるのですが、「国 登録有形文化財」という大事な建築物ですから大事にしてくださいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more