加茂家住宅(掛川市)(5)窓の格子。「理由のある」桟の作りと「理由のない」作り。味噌蔵・米蔵・土蔵ー加茂花鳥園訪問…

[第779回]   加茂花鳥園の7回目、加茂家住宅の5回目です。  加茂家住宅は、西よりの座敷では天井を貼っていますが、東よりの土間の部分とその西の「おえ」などの部分では天井は貼らず、架構を見せる・魅せる造りになっています。↑  梁が黒い色合いになっているのは、これは竈の灰によるものではなく、漆か何かで着色されたものではないでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加茂家住宅(掛川市)(4)加茂家住宅の神棚は「竈の神さま」なのか。「浜松流神棚」を他地域に押しつける一条の営業―加…

[第778回]   右側の、家族・小作人が出入りする入口を入ると土間があります。↓   右の向こう側に竈(かまど)があって、その上に神棚が見えます。   江戸時代の建物としては立派な家だとは思ったのですが、南に面して何部屋も畳敷きの座敷があるものの、江戸時代から建っている部分の床の間は広い座敷の方にではなく、その背後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加茂家住宅(掛川市)(3)床の間 2か所。一般の柱と同材同寸法の床柱と長押の関係。床の手前の横の位置の付書院。きれ…

[第777回]   加茂家住宅には、床の間が2か所ある。 なおかつ、その2つが正反対の向きに設けられている。 北側は、明治以降に増築されたものらしいので、南側の方が江戸時代からのものらしいが、この建物は南東というのか、東南東というのかを向いて建っているので、南側の元から存在する方の床の間は、真北ではないが、南ではない方を向いていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加茂家住宅(掛川市)(2) 座敷、広縁・濡縁、廊下交差箇所の納まり。「差鴨居」「本鴨居」「胴梁」―加茂家住宅・加茂…

[第776回]   加茂花鳥園 見学の4回目にして、加茂家住宅の2回目です。   庄屋さんの家であったということですが、庄屋でも大きい方の庄屋だったからか、「庄屋といえども農家」であるとしても、「農家であっても庄屋」で、しかも、大きい方の庄屋だったからか「庄屋といえども農家」の家屋にしては、武家の家屋にいくらか近いような印象を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加茂家住宅(掛川市)(1)正玄関・土間・大黒柱・梁・池・亀島と花-加茂家住宅・加茂花鳥園(掛川市)見学【3/7】

[第775回] 加茂荘加茂花鳥園第3回 加茂家住宅(1)   加茂家住宅・加茂花鳥園(掛川市)見学の3回目。今回の訪問の最大目的だった加茂家住宅 ↓ の第1回 です。 《 加茂家は桃山時代からの庄屋であり、・・・ 慶長9年(西暦1604年)の検地帳によれば、当地(遠州佐野郡桑地村の過半を占める、極めて有力な庄屋であったことがわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加茂家住宅・加茂花鳥園(掛川市)見学【2/7】花菖蒲園と加茂家長屋門。人間のブタとイヌの意味。

[第774回]   静岡県掛川市原里の加茂荘・加茂花鳥園見学の2回目です。   藤井恵介監修『日本の民家2 中部』(2004.5.28.講談社)の写真を見て、加茂家住宅の前に菖蒲が植わっている庭が少々あるということかと思って行ってみると、菖蒲は「少々ある」という程度ではなく、菖蒲園だけでも見学の価値がある規模でした。↑ ↑ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加茂荘花鳥園・加茂邸(掛川市)見学【1/7】「森掛川」I.C.より加茂荘花鳥園。温室と鳥舎。

[第773回]   静岡県掛川市原里 の 加茂荘花鳥園・加茂家住宅 に行ってきました。ここに見学に行きたいと思ったのは、 1. 藤井恵介監修・溝口正人・平山育夫・大野敏・中村聡樹・安東典子 執筆・和田久士 写真『日本の家 2 中部』(2004.5.28.講談社)に、加茂家 とその前の菖蒲園が掲載されており、表紙の写真にもなっていて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

店内を見せて安心させる店と隠す店。自分の姿を見せる営業と隠す男。目元を見せる意識のある者とない男-『らーめん才遊記…

[第772回]   『らーめん発見伝』から登場人物がいくらか変わった続編の『らーめん才遊記』に、さらにその続編『らーめん再遊記』が「ビッグコミックスペリオール」に連載されだした。『らーめん発見伝』の続編ではなく『らーめん才遊記』の続編・・ということは、汐見ゆとり というキャラクターがけっこう人気があるというのか、もしかすると作者も気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナで倒産ではないレナウン同様、東日本大震災で倒産でないくせに詐称する経営者。弁護士は役に立たない。出費の内容を…

[第771回]   1997年に山一證券が倒産した時は驚いた。どう「驚いた」かというと、山一證券なんて会社はそう簡単には倒産しないものだろう・・と思っていて、もしも、山一證券が倒産するような時には・・・、「コロッセオが亡ぶ時、ローマも亡び、その時、世界も亡ぶ」と言われるように、その時には日本の多くの会社は倒産し、(株)一条工務店htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年代、住友不動産(株)の説明会に行ったが応募しなかった理由+都心ならよくても郊外には向かない建物がある。実…

[第770回]   東京の都心部の区・・・というと、練馬区とか杉並区とか世田谷区・大田区といった区ではなく、千代田区とか中央区とかそういう区のことを言うと思いますが、昼間人口だけ多くて夜間人口がほとんどない、オフィス街として昼間は人が多くてもその区に住んでいる人はほとんどいないという区にしたくないと考える区があるらしく、そういう東京の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「借金すると売れる」などということはあるか? 営業所長が「従業員に強制的に借金させた」などとは許されることか? そ…

[第769回]   (株)一条工務店https://www.ichijo.co.jp/  は、1991年の「ビーイング」の求人広告には「研修制度が充実していますから、売れなくて困ることはありません」と書かれていたはずだったが、入社すると「充実した研修」などというものはなかった。「一条工務店の展示場の来場数は群を抜いており、売れて売れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真間山弘法寺・手児奈霊堂(市川市)と桜。薬漬けで私立医大裏口入学は反社会的勢力。種無ブドウを皮むいてもらって食う男…

[第768回]   桜の季節というと、3月末から4月頭・・ということで、千葉県で桜の名所と言われる寺社のひとつらしい、千葉県市川市 真間4丁目 の弘法寺に行ってきました。 弘法寺は、日蓮宗の「本山」で「由緒寺院」らしい。   もっとも、「本山」といっても、それぞれの宗派の一番の寺が「本山」であるわけではなく、たいてい、宗派の中に何何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「旧羽室家住宅」訪問。畳敷の広縁、直交する廊下の長尺板組合せ、雪見障子。今もある「タンネ」。千葉工大は中学校行くな!

[第767回]   大阪府豊中市曽根西町 の「旧羽室家住宅」(国登録有形文化財)を見学させてもらった。最寄駅は阪急宝塚線「曽根」駅。「曽根」駅から西に進んでそれほどかからない。 この場所は、昔は原田城という城があった場所の一部で、 「原田城跡」としては「豊中市指定史跡」、 「旧羽室家住宅」としては「国登録有形文化財」 に指定され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御幸公園。植樹された梅林。役立たず教師・予備校。医者屋族は特権民族なのか? 遠州弁とタガログ語のバイリンガルの人。…

[第766回]冤罪を晴らす神さま・菅原道真・怨念を晴らすお百度まいり・第51念ー3   川崎市幸区東古市場の天満天神社の少し東に御幸(みゆき)公園があります。御幸公園の道路を隔てた南側に、東芝小向工場、北側は多摩川の河川敷があって、河川敷の北側に多摩川が流れています。東側は国道1号(第二京浜)。この道を北向きに走るバスに乗ると、都営浅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満天神社(東古市場)参拝【2/3】二度移転した天満天神社と梅。厳重そう東芝小向工場と不十分な一条工務店・日本産業…

[第765回]冤罪を晴らす神様・菅原道真・怨念を晴らすお百度まいり・第51念-2   JR南武線「鹿島田」駅から、「下平間」交差点・「古市場」交差点を経て、幸区東古市場の天満天神社に来ました。↓ 住所・・川崎市幸区東古市場83 ↑ 鳥居を枠として撮影した、ここしばらく、けっこう気に入っている「額縁撮り」の手法で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天満天神社(川崎市幸区東古市場)【1/3】下平間・古市場交差点を経て天満天神社。気分の悪い古市場交番も健在。「両親…

[第764回]冤罪を晴らす神さま・菅原道真・怨念を晴らすお百度まいり・第51念-1   前回、川崎市幸区下平間 の「下平間 天満天神社」に参拝しましたが、その続き・・というわけでもないが、川崎市幸区東古市場 の「天満天神社」に行きます。   JR南武線「鹿島田」駅から東に進み、「下平間天満天神社」に参拝した後、さらに東に行き、「下平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下平間天満天神社(川崎市幸区)参拝。ずいぶん変わった鹿島田駅周辺。「タウン」とか「シティ」とか言いたがる人。東京弁…

[第763回] 冤罪を晴らす神様・菅原道真・怨念を晴らすお百度参り 第50怨。   川崎市幸区 には、天神社が2つある。その片方の近所に作成者は住んでいたことがあるのだが、もう片方も、JR南武線「鹿島田(かしまだ)」駅方面に行く際に通る道の脇にあるので知っていてもおかしくはなかったはずだが、『わかりやすい天神信仰 学問の神さま』(19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高山の食堂。飛騨牛重は後で「食べた」感が出る。降雪時、平湯付近の道路は雪が積もる。保護義務違反の会社に尽くしたバカ…

[第762回]高山シリーズ6回(29) 【A】  内田康夫は『風の盆 幻想』で、「登場人物の内田康夫」が浅見光彦と一緒に高山に行った際、鍛冶橋の近くのラーメン屋で、飛騨牛ラーメンを注文したところ、硬くてまずかった・・と書いていたのだが、その店がどこなのかはわからない。その件について、[第591回]《内田康夫『風の盆 幻想』と巡る高山[…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高山の宿泊施設について―最新のホテルは、もう一回り低い高さにできないか。浜松に本社のチェーンは利用に抵抗を感じる。…

[第761回]高山シリーズ6回[28] 高山の宿泊施設について。    ここ10年に8回、高山を訪問しました。「わしぁ貧乏やからな」ということで、高級ホテルなんてのに泊まりたいとは思いません。また、観光ガイドブックなど見ると、高級観光ホテルとか高級旅館とかを見ると、どう考えても、普段、その土地に住んでいる人が食べてもいないような「高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高山の雪景色・無人駅前交番。入居者が引越の日に中を見せろと言う営業を指導しない所長。「指名手配犯」と似た同僚は通報…

[第760回]高山シリーズ6回[27]  高山の町並みにて(2) 【4】高山の雪景色   温暖地に住んでいる者が、何がうれしゅうて、冬に寒冷地・積雪のある地域に行かなきゃならんのか・・なんてことはない。高山の雪景色はきれい。冬に行ってこそのものがある・・と思った。 ↑ こういうのは何のためにやっているのか。雪が降る季節よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more