テーマ:ミネラルウォーター

カルシウム含有量の多い「クールマイヨール」。 東京で目覚めた阪神愛。 「浜松のパリ」「青山の思い出」

[第348回]ミネラルウォーター研究(4)   2013年4月、私が住んでいる千葉県船橋市の近辺のスーパー・コンビニなどで購入できたミネラルウォーターについて、価格と成分(カルシウム・バナジウム・ケイ素・シリカ、酸性かアルカリ性か・・といったあたりを、あくまで商品に提示されている数値が信用できると仮定してだが、調べて順番に並べてみると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染時代のミネラルウォーター(4)追加。バナジウム入り・アルカリ性の水をガブガブいっちゃうよ!

[第179回]   放射能汚染時代のミネラルウォーターの研究(4) は、(1)~(3)を公開後に、購入したミネラルウォーターについて、追加で、価格、カルシウム・バナジウム・ケイ素・シリカなど、アルカリ性度、等を述べます。 ([第176回]《放射能汚染時代の ミネラルウォーター研究(1) 「ガソリンより高い水」はたしかにおいしいが・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミネラルウォーターの研究(3) アルカリ性度について、及び、痛風になった時の2つのつらさ

[第178回]    放射能汚染時代のミネラルウォーター研究の3回目。 アルカリ性度についてです。     「痛風」「高尿酸血症」には、アルカリ性のものがいいという説があるのです。 昔に比べて、日本人は体が酸性になりやすい物を多く食べるようになった。 もう少し、アルカリ性になるものを食べるべきではないか、というのです。    その…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミネラルウォーターの研究(2)カルシウム含有量、硬度。「鉱水」「鉱泉水」他分類。バナジウム。ケイ素。

[第177回]   放射能汚染時代のミネラルウォーターの研究(2)   もともとは2回以上に分けるつもりはなかったのですが、ブログの字数制限がある為、分割し、今回、2回目は、カルシウムの含有量、硬度などについて述べます。    その前に。ペットボトル入りの水でも、「品名」「名称」と「原材料名」の表記を見ると、微妙に違いがあるよ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染時代の ミネラルウォーター研究(1) 「ガソリンより高い水」はたしかにおいしいが・・・・

[第176回]   2011年3月11日の福島第一原発事故の後、牛乳から放射性セシウムが規制値を超える量、検出されたということから、牛乳がだめなら何でカルシウムを採ればいいのだろうか、と考える人がいたようで、武田邦彦教授のブログhttp://takedanet.com/ だったか講演の記録だったかでも、武田教授に質問される方があったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more