慎腹風呂愚

アクセスカウンタ

zoom RSS プレカット工場を異常に信用する男[1]プレカット工場が大丈夫だと言えば逆向きの筋交いでも大丈夫か?

<<   作成日時 : 2016/07/11 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

[第434回]木造住宅建築に際し機械プレカットは信用でくるか、及、プレカット工場を異常に信用する男2例[9]  プレカット工場を異常に信用する男[1]
【1】の《1》〜《8》 までで、機械プレカット工場の問題点を、(株)一条工務店・日本産業(株)の工場に実際に勤務した経験を踏まえて、機械プレカット工場 全般について考えられることと、(株)一条工務店・日本産業(株)の機械プレカット工場についての問題点の両方について述べてきた。
   木造住宅を、機械プレカットによって建てることによって、手加工による場合と違う長所はあるが、問題点もまたあることを、読んでくださった方はご理解されたのではないかと思う。
   しかし、世の中には、不思議な人間がいて、なぜか、「プレカット工場」というものに、尋常ならざる信頼をしている人というのがいる。 その例を2つあげる。

【2】 プレカット工場に実状を超えた信頼をしている人たち
(1) 筋交いを入れる向きを「プレカット工場」が決めている工務店。 筋交いの入れ方について、「プレカット工場が大丈夫だと言ってますから大丈夫です」と言い張る自称「工事責任者」、自称「元大工」。 

   枠組壁構法(ツーバイフォー構法)では、枠材(ツーバイフォー材)と合板を釘で打ちつけて耐力壁を作っていきます。 耐力壁は合板、もしくは、OSB(オリエンティッドストランドボード)などの面です。 木質パネル構法では、枠材(ツーバイフォー材)と合板を工場で接着剤で接合したパネルを作製し、それを建築現場に運んで組み立てていきます。木質パネル構法でも耐力壁は面です。 在来木造(軸組構法の木造)では、土台の上に柱を立て、その上の梁を乗せて軸組みを組み、土台・柱・梁の間に斜めに筋交いを入れます。 在来木造(軸組構法の木造)でも、筋交いという斜め材を入れずに、面を貼るという方法もあり、又、最近では、SE構法といって、木造のラーメン構法というものも出てきてはいます。
   「筋交い」や「ブレース」といった斜め材の耐力壁と合板・OSBなどの面の耐力壁との大きな違いは、斜め材には方向があり、面には方向はないという点です。 斜め材の場合、適切な向きに入れなければ、又、全体として両方向の耐力壁がバランスよく入るように配慮しなければならないという点があるのに対し、面の耐力壁は、方向性がないので、どちらの向きに入れるかということを考える必要はありません。
   (株)一条工務店に私が入社した1992年、中途入社の新入社員向けの研修で、講師役で来た浜松市の営業所のF橋が「筋交いは方向性があると言われますが、一方の向きにばかり入れるようなことはしませんから、全体としてはどちらの方向にも入ることになります」と話した。 在来木造の会社の建築現場をのぞいてみると、必ずしも適切な向きで筋交いが入っていない建築現場を見ることがある。〔その例を、[第231回]《住宅建築業界 職歴詐称を見破る方法(2)筋交いの向きがわからない者・自分の工事現場を見に行かない者 》http://shinkahousinght.at.webry.info/201401/article_13.html  で写真入りで述べた。〕F橋は実状を知っていて言ったのか知らずに言ったのか。 「一方の向きにばかり入れるようなことはしませんから」という発言を、もし、本気で言っていたのならF橋は現状を知らない人間で、(株)一条工務店は現状を知らない人間に研修の講師をさせていたということになる。その頃の(株)一条工務店の建物においても問題がないということはなかった。F橋は現状を知らずにでまかせを研修で話していたのか、知っていて嘘を吹き込む嘘つきだったのか。
   すでにそこで述べたことですので、[第231回]をぜひご覧いただきたいと思うのですが、新華ハウジング(有)〔建設業。千葉市中央区鵜の森 にあった。2013年に倒産。 不動産業部門はビルダーズジャパン(株)、他に、不明業のジャムズグローバルスクエア(株)〕の千葉県市原市の工事現場で、筋交いの向きを逆に入れていたところがあり、工事現場で大工さんに、「これは、筋交いの向きが逆ということはありませんか」と私が言うと、「俺は、図面でこう入れろと指示されてるから、こう入れたんだ」と言うのです。 大工というのは、単なる肉体労働者・人夫ではないはずで、たとえ、図面で指示されていたとしても、職人としてこの入れ方はおかしいのではないかと思ったならば、その時点で、「図面ではこう入れろとなっているけれども、これは入れ方が逆ではないかと思うのだが、このまま、この図面の通り入れてしまっていいのか」と確認するべきだと私は思いますし、そういった確認をしてくれる大工さんの方が大工として良心的な人だと思います・・・・が、建築会社によっては、職人がそういったところで発言することを否定する会社があるようです。 後に、フリーダムアーキテクツデザイン(株)〔本社:東京都中央区。 http://www.freedom.co.jp/〕という設計のみの会社に勤めたところ、建築専門学校あたりを卒業しただけのわかっていない若造を「設計士(さま)」と祭り上げて「先生」扱いして、その「先生」の言うことを間違っていても従わせようという態度を会社がとっているのを見せられ、これではだめだと思う経験をしました。 そういう会社の仕事をしていると、多くの人間は口をきかなくなります。 そんな変な仕事を俺がやるわけにはいかない、と思ってその会社の仕事はやめる人もあるでしょうけれども、誰しも、世の中、何とか食べて行かなければいけませんから、こんなことやったらいいことないがなあ〜あ・・と思っても、「いいから、指示の通りやってくれ」とフリーダムアーキテクツデザイン(株)のように言われると、メシの為に、パンの為にその通りやる人も出てくるでしょう。 そういう会社の仕事を経験した人間には、その後、別の会社の仕事をする場合にも、こうやれと言うからには、そのままやりぁいいじゃねえか、と判断してしまう人も出るようです。
   新華ハウジング(有)での話は、すでに、[第231回]《住宅建築業界 職歴詐称を見破る方法(2)筋交いの向きがわからない者・自分の工事現場を見に行かない者 》http://shinkahousinght.at.webry.info/201401/article_13.html  で述べましたので、同じことをここで言うことはないでしょうけれども、自称「工事責任者」で、自称「元大工」の「ブタクサA」(仮名)は、
<1>  自分は工事責任者だと自分で言っておきながら、工事現場を見に行かない。見に行っていない。自社の工事現場がどうなっているか把握していない。
<2>  私から、筋交いの入れ方が逆だと指摘されるまで、それを知らない。
<3>  指摘されても、「大丈夫です」と言い張り、非を認めようとしない。
<4>  「プレカット工場が大丈夫だと言ってますから」と、もとより、プレカット工場というのは、構造を判断する所ではないし、一般に、プレカット工場に、建築の構造についてわかっている人間がいるわけでもないのに、もしも、いたとすると、たまたま、そのプレカット工場にそういう人がいたというだけのことで、普通はいないにもかかわらず、「プレカット工場が大丈夫だと言ってますから」と頑固に言い張る。
<5>  そのプレカット工場によっても違いは多少はあるかもしれないし、建築会社の系列のプレカット工場と材木屋系のプレカット工場でも違いはあるかもしれないけれども、実際に、プレカット工場に勤務したこともある私が、「プレカット工場というのは、一般に建築の構造についてわかっている人がいる所と違いますよ」と言ってあげても、それでも、「大丈夫ですよ。プレカット工場がこれでいいと言っているんですから」と言い張る。 「こんなおかしな筋交いの入れ方を大丈夫だと言うような人が『大丈夫です』と言ったからといって、そんなプレカット工場が大丈夫だと言ったからいいなどと言えますか」と言っても、「絶対に大丈夫です」と大声で言い、「どうして、絶対に大丈夫なのですか」と言っても、「プレカット工場が大丈夫だと言ってますから」と言い張ってきかない。
   いいかげん、話すのも嫌になってきたのですが、その男「ブタクサA」(仮名)が、「元大工」だと主張しているのです。 そんな人間を「大工」と認めることができるか?  せいぜい、「大三」か「大四」がいいところではないか。 昔から、大工についてのけなし言葉として、「叩き大工」、「雪隠(せっちん)大工」といった言葉があり、「叩き大工」というのは、継手・仕口といった加工をする能力がなく、何でも釘で打ちつける大工のことを言うらしく、「雪隠大工」というのは、座敷なんぞの仕事はさせることができない、せいぜい、便所でもさせるしかない、という大工を「雪隠大工」と言うらしいが、もうひとつ、「口大工(くちだいく)」という言葉があって、普通は大工というのは、手や腕で仕事をするものだが、腕で仕事をせずに口で仕事をする大工のことを「口大工」と言うらしい。「建売大工」という言葉もあり、これは文字通り、建売住宅専門で、仕事が速いけれども粗い、いいかげんという意味で、「ブタクサA」(仮名)の場合、これは、正真正銘、これまで、建売の家の仕事を主としてやってきた人間ですから、「建売大工」でしょう。
   「ブタクサA」(仮名)は、「絶対に大丈夫ですから」「プレカット工場が大丈夫だと言っていますから絶対に大丈夫です」と大声で言うのですが、「一番大きな声を出した者が勝つ」とでも思っているのかもしれませんが、この口大工のブタ大工は、どうしようもありません。 大丈夫なわけないでしょうが。 又、私は、プレカット工場というものに自分自身がいたこともある人間として、プレカット工場というのは、その工場によっても違いは多少はあるかもしれないけれども、普通は、建築構造についてわかっている人間なんていませんよ、と言ってあげているのに、人がせっかく言ってもきかない、頑固さ、謙虚さのなさに嫌になりました。
    私が「筋交いの向きは誰が指定しているのですか」と言うと、「ブタクサA」(仮名)は「プレカット工場です」と言うのですが、まず、それがおかしいのです。 「なぜ、プレカット工場が指定するのですか」とも言いました。「筋交いの場所を決めたのは、設計事務所のN村さんですね」「筋交いの場所を決めた人間と、筋交いの向きを決める人間が別の人間というのはおかしいのと違いますか」と言いましたが、「ブタクサA」(仮名)は「でも、大丈夫ですよ」と言うのです。 「どうして、大丈夫なのですか」と言うと、「プレカット工場が大丈夫だと言ってますから、絶対に大丈夫です」と言うのです。 こいつ、どうしようもないなと思いました。
   要するに、「建築家の作る家」「1級建築士」と名刺に入れているN村設計事務所のN村のおっさんは、設計する時に、何を考えて筋交いの場所を決めたかというと この位置にこの向きで筋交いを入れれば、どういう力が加わって、それに対してこの筋交いがどのように効くかといったことを考えて筋交いの場所を指定したのではなく、この「通り(とおり)」(耐力壁線)にどれだけの壁倍率の耐力壁を入れると建築基準法と施行令・施工規則をクリアできるか、建築確認申請を通すことができるか。 彼が考えたのはそれだけ、ということでしょう。建築基準法・施行令・施工規則を満たすかどうかだけ考えて耐力壁の場所を決めたので、だから、筋かいという耐力壁の場所は決めたが、筋かいの向きは決めていない。この態度はあまり良心的とは言えません。 もしくは、そこまでやるだけの報酬はもろてまへ〜ん、とでも思っていたか。 合板やOSBといった方向性のない「面」の耐力壁であれば、場所だけ決めてもまだ良いでしょうけれども、筋かいという方向性がある「斜め材」の耐力壁の場合は、場所を決める時には同時に向きも決めなければいけないはずなのです。 向きによって、その筋交いは効いたり効かなかったりするのですから。
   筋交いの場所は決めたが筋交いの向きは決めなかった。 そういう図面を送られて、材木を加工してくれと言われたならば、プレカット工場は、「これは、どちらの向きなのですか」と確認するべきです。本来、筋交いの場所を決めた人間に無断で、プレカット工場が勝手に向きを決めてはいけません。ところが、そのプレカット工場もまた、N村設計事務所のおっさんと同程度に良心的でなかった。 向きを指定されていない以上は、依頼者に「どちらの向きで入れるものですか」と確認するべきか、それとも、向きを指定されていない以上は、どっちでもいいということであると解釈して、「適当に書いておく」、「適当に決めて切る」べきか(この場合、「適当」は「しかるべく」ではなく「でたらめで」「でまかせで」の意味)。私は前者の姿勢を取るべきだと思いますが、実際問題として、プレカット工場にいる人というのは建築技術者でもなければ大工職人でもなく、単なる工場労働者ですから、あんまり高いレベルのものを期待しても無理だと思います。 中には相当良心的な人もいるかもしれないし、中には建築の構造についても理解している人もいるかもしれませんが、実際問題としては、プレカット工場というのは、このように加工してください、このように切ってくださいと言われて、言われた通り切ったり削ったりする所であって、構造についてそれで良いかどうか判断する所ではないし、そういう能力のある人がいる所ではありません。もし、いたならば、それは、そのプレカット工場にたまたまそういう人がいたということでしょう。
    言い方が穏やかではないかもしれませんが、今は昔、2000年か2001年くらい、ラジオの野球中継で、解説者の板東英二が、「最近ねえ、『野球は頭でやるもんや』とか、ちょっとそういうことを言い過ぎですよ。 だいたいねえ、そんなもん、頭つかうのが得意な人間が野球みたいなもんやってるわけないでしょうが。 頭つかうのん、嫌いやから野球やっとんねんがな。 そんなもん、頭つかうのん得意やったら、野球みたいなもん、やらんと、もっと他の仕事やってるわ!」と、そう言ったわけです。 言われてみると、たしかに、頭つかうのが得意か体うごかすのが得意かというと、体うごかす方が得意な人間が運動選手やってるわけですから、たしかにそうかもしれませんが、そこまで言わんでも・・・という気もしますが、板東英二は自分自身も元野球選手として、笑いをとろうということも考えてそう言ったのでしょう。 で、この板東英二の発言をプレカット工場にあてはめて考えてみてくださいよ。 もしも、建築の構造について、「設計」とか「設計事務所」とか「大工」とか、あるいは「役所の建築指導課」とか、大学の建築学科の構造の「教授」「准教授」や農学部の木材の強度の研究者である「教授」「准教授」とかよりも、工業高校の建築科の教諭とかよりもよくわかっていたとしたならば、「プレカット工場なんかで働いてないで、もっと他の仕事やってるわ!」と思いませんか? そうでしょ。

    「ブタクサA」(仮名)は、「ぼく、営業やったことないですけど、営業できますも〜ん」などと厚かましい文句を何度も何度も大きな声でヌケヌケブタブタと言ったことがありましたが、 「やったことないですけど、できます」というのは、それは「やったことないにもかかわらず、できると勝手に思っています」「ぼく、やったことないことを『できますから』と平気で言うくらい思いあがってますから」とか「やったことないことでも、『できますから』と言うくらい、ぼく、無責任な人間ですから」と言っているのとちっとも変わらないのですが、↑のようないいかげんな態度、不真面目不誠実な態度が「営業力」とかもしも思っているのなら、それは営業という仕事の内容を勘違いしていると言わざるをえません。
   (2016.7.11.)

次回、プレカット工場を異常に信頼する男[2] http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_15.html 

☆ 機械プレカット工場は信用できるか+プレカット工場を異常に信用する男2例
1.寸法違いの丸太梁、ホゾ穴のない土台、上下逆加工の梁、鉋掛けのできていない役柱 http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_7.html
2.真っ二つに割れた梁、玄関正面の大黒柱に大きな節。いいかげんそうなISO9001 http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_8.html
3.公道を駐車場代わりに。ナンバー非取得のフォークリフトで公道走行、溝なしタイヤのフォークリフトにISO9001  http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_9.html
4.工場見学会の弊害。腰を痛める持ち方を要求。耐火材の鉱物繊維が剥落飛散 http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_10.html
5.日本人労働者の労働条件を引き下げる「スト破り」外国人労働者、従業員元従業員をバカにする浜松市長、「資本の論理」 http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_6.html
6.「打撃音から梁の強度を検査する機械」は有効か? 「カスケード」「セミカスケード」のはずが「セミカスケード」「コースト」。 ソロモンマホガニーは、実はマトア。 http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_11.html
7.移動式棚の非常停止装置は実は止まらない。移動式棚を買うより地べたを買った方が・・。立地条件を考えない工場用地の選択。http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_12.html
8.工場に来て、ゴムまりでキャッチボールする「東京大学」学生と注意しない新人類教員による木材の乾燥状態の検査は役に立つか? ノミの使えない「大工」の出現 http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_13.html
9.プレカット工場が大丈夫ですと言えば、逆向きの筋交いでも大丈夫か? 工事現場を見に行かない自称「工事責任者」(新華ハウジング) http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_14.html
10.在来木造の構造の基本を崩すことに理由を求めず、構造の基本について「絶対の証拠」を求める男。 「建築の美は構造の美」か「『こんなことする人あんまりないぞ』が『世界でただひとつの家』か」(フリーダムアーキテクツデザイン) http://shinkahousinght.at.webry.info/201607/article_15.html 


デザイナーのための木構造
彰国社
杉山 英男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デザイナーのための木構造 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


地震と木造住宅
丸善
杉山 英男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地震と木造住宅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



木造の詳細 1 構造編
彰国社
杉山 英男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 木造の詳細 1 構造編 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



宅地建物取引の知識〈平成28年版〉
住宅新報社
不動産取引研究会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宅地建物取引の知識〈平成28年版〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プレカット工場を異常に信用する男[1]プレカット工場が大丈夫だと言えば逆向きの筋交いでも大丈夫か? 慎腹風呂愚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる