テーマ:色彩

日比谷線六本木駅、大江戸線大門駅、吊革の色による印象。暑苦しそうなフリーダムアーキテクツデザインの家

[第378回] 都営大江戸線「六本木」駅と東京メトロ日比谷線「六本木」駅、大江戸線「麻布十番」駅、大江戸線「大門」駅、京浜東北線と総武快速線の吊革について、他(2) 【2】東京メトロ日比谷線「六本木」駅   今となっては6年ほど前、愛知産業大の守屋先生が設計された都営大江戸線「六本木」駅を見学するために六本木に足を運んだ際、東京メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大江戸線「六本木」駅―色彩のある白黒、「夜の前提」の建築、暗くなりすぎない配慮、エスカレーターの天井

[第377回] 都営大江戸線「六本木」駅と東京メトロ日比谷線「六本木」駅、大江戸線「麻布十番」駅、大江戸線「大門」駅、京浜東北線と総武快速線の吊革について、他(1) 【1】都営大江戸線「六本木」駅   都営大江戸線の「六本木」駅は、愛知産業大でお世話になった守屋先生の設計によるもので、これまで、六本木駅を見学するために、2度、訪問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清洲橋 観察 【2】リベット接合とボルト接合、色彩、積水ハウスの魅せる鉄骨梁、小名木川、小名浜の由来

 [第335回] 【3】 清洲橋 の リベット接合   江口俊彦著・山口廣監修『東京の近代建築―建築構造入門』1990.11.25.理工学社)を見ると、 ≪  現場では、(鋼材の)柱や梁などの母材を接合しますが、その接合方法には、大きく分けて三つの種類があります。    まず、リベット接合があげられます。 これは、接合する母材に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more