テーマ:個人情報

先輩社員の個人の携帯電話番号を承諾なくききだして自分は「非通知」でかける(株)一条工務店の新卒入社若造。プライバシ…

[第867回] 会社と営業の話   三流以下企業に勤めると、驚くような経験をする。そして、「ああ、なんだかんだ言っても、やっぱり、『一流企業』に勤めないと嫌な思いをするということなんだなあ」と実感する。慶應大学の商学部の先生で、「誰もが行きたがる三井物産・三菱商事とかいった東大・京大・慶應・早稲田といった大学の卒業生ばかりの会社に勤め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐野警察署(栃木県) 警察官がさせる宅地建物取引業法違反。警察がさせていることこそ犯罪である。

[第571回] 警察の恐怖(21)    個人と個人の人間関係においても、その相手を信用して話したプライベートなことを、無神経に他人に話すのは好ましいとは言えませんし、そういった点において無神経な人間は、人間としての信用をなくすことになります。 商売としておこなっている場合、たとえば、『味いちもんめ』という板前を扱った漫画において、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性巡査の「巡回連絡」に警戒せよ!―男性の気持・思いやりを土足で踏みにじる女、来客を追い返す女【中】

[第268回]営業と会社の話(62)‐2  警察の恐怖(13)    在来木造の一条工務店にいた時、在籍後半、それまで、各工事現場によってひとりの工事担当者が一貫して担当していたのを、工事担当者を各地域ごとにすべての工事現場を基礎工事担当・木工事担当・仕上げ工事担当と3人で分業するようになり、仕上げ工事担当は女性になり、引き渡し時の工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽微な盗難ならば警察には届けない方がよい。 警察が個人情報を探る口実を与えるだけ。

〔第132回〕警察の恐怖(6)    2003年のことです。 それまで11年余り勤めた在来木造の某社を退職して、会社都合での転勤先から千葉県船橋市の自宅に戻ってきました。 我が家には半地下の掘込式車庫がありますが、そこに、雨水桝と浄化槽があり、雨水桝の蓋が2つと浄化槽の蓋が2つ、いずれも金属製の物がありました。     他県に住んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more