テーマ:合掌造

飛騨の里6-旧若山家住宅(4)荘川村様式の合掌造の特徴とは。「せがい造」とは。上座・下座ができてしまう「和風」の家。

[第756回]高山シリーズ6回 飛騨の里6 旧若山家住宅(4)   飛騨の里 に移築されている旧 若山家住宅の4回目です。   階段で2階に上がりますと、合掌造の骨組みが見えます。↓ ↑ 合掌造の屋根というのは、見た目、切妻屋根と似ているのですが、↓ (1) 切妻屋根と合掌造はどこが違うのか・・、屋根の規模が大きく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛騨の里5-旧若山家住宅(3)だいどこ・うすなか・みんじゃ・ちょうだ。「水屋」には3通りの意味があった。

[第755回]高山シリーズ6回 飛騨の里5 旧若山家住宅(3)   旧若山家住宅の3回目です。   「おえ」の奥にあるのが「だいどこ」で、この部屋にも「いろり」があり、この部屋に2階に上がる階段がついています。↓ 続きの空間ですが、正面から見て右側は「うすなか」と言って、文字通り、「うす」が部屋に備え付けであります。↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛騨の里4 旧若山家住宅(2)「おえ」「すえのでい」「なかのでい」。仏間と神棚。「やったことない」ことはできるか?

[第754回]高山シリーズ6回 飛騨の里4 旧若山家住宅(2)   旧若山家住宅の第2回です。   「どうじ」の奥、「うまやどうじ」の左に「おえ」があります。↓ ↑ 「おえ」を(居間 Living Room)と現地の間取り図には書かれていますが、「あたらずと言えども遠からず」かもしれませんが、「遠からずと言えどもあたらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛騨の里3-旧若山家住宅(1)迫力ある巨大な合掌造。「えん」はベランダ? 命名にセンスのない経営者の会社。「まやど…

[第753回]高山シリーズ6回(20) 飛騨の里3、旧若山家住宅(1)   飛騨の里 の3回目は、旧若山家住宅です。 ( ↑ 旧若山家住宅。正面に向かって左側から見たもの。 ) ( ↑ 旧若山家住宅。正面に向かって右側から見たもの。 ) ( ↑ 旧若山家住宅。正面に向かって右側から見たもの。 )   吉野準『飛騨へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more