テーマ:建築家

「建築家とインテリアコーディネーターが作る家」て何ぞや?【上】「建築家」て何?  建築屋ではなく「建築家」て何?

[第706回] 「ベルニーニはお好き?」より引っ越し掲載[第4回]   「ベルニーニはお好き?」というブログ名でヤフーブログに公開していたものを、ヤフーブログが2019年12月に閉鎖されるということから、このビッグローブブログの「慎腹風呂愚」に引っ越し掲載する作業をおこなっています。その4回目です。 ー・-・-・-・-・-・- ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスが来ると思いだす事3-ワイングラス鷲掴み「建築家」と三井ホームの「隙間風が吹き込む家」他

[第481回]    三井ホーム(株)に対して、特別に恨みはないが、「三井ホームで設計やってた」という自称「建築家」、自称「一級建築士」の設計事務所のおっさんN村が、新華ハウジング(有)〔建設業。千葉市中央区鵜の森町〕の忘年会でやったことは目に焼きついて離れない。 [第2回]ワイングラスはどこを持つべきものか http://sh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『金田一少年の事件簿』に学ぶワイングラスの持ち方、及、”三井ホームの設計やってた”「雪隠建築家」

[第444回]    このブログでも、ワイングラス の持ち方について、『美味しんぼ(おいしんぼ)』に学び、又、『ルパン3世』にも学んできました。 さて、今度は、『金田一少年の事件簿』に学ぶことといたしましょう。    引用させていただくのは、天樹征丸(あまぎ せいまる)原作・さとう ふみや 漫画『金田一少年の事件簿 R(リターンズ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違っていないらしい天皇のワイングラスの持ち方。暴走族みたいな「建築家」、大久保清みたいな「建築家」

[第371回]   2015年4月9日の「毎日新聞」<朝刊>に天皇のパラオ訪問の記事と写真が掲載されていた。↓ 今回、ここで話題とするのは、「ワイングラスの持ち方」である。    ワイングラスはどの部分を持つべきか。↓の図を見て考えたい。 ↑ これは《ウィキペディア―ワイングラス》https://ja.wikip…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『美味しんぼ』に学ぶ ワイングラス・ゴブレットの持ち方vs「建築家」式持ち方。及、20代の貧乏な生活

[第185回] [1]   「ワイングラス」「ブランデーグラス」「カクテルグラス」「シャンペングラス」「ゴブレット」は、どう違うのか。何ゆえ、それだけの種類があるのか。 何ゆえ、「普通のコップ」と違った形状をしているのか。    私は20代なかばすぎまでまったく知らなかった。 どうせ、「ワ~イ~ン~」とか気取って言ってカッコつけたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸建住宅完成現場の分析・考察(1)~東金市日吉台モデルハウス【1】 玄関戸 他

〔第11回〕    第6、7、10回において、戸建住宅の構造工事現場について述べました。 「建物は構造が大事だ」といったことを言う人がありますが、それは、確かにその通りではあるのですが、あくまでも、間取りやデザイン・設備・仕様などと構造とどちらがより大事か、といえば、構造の方が大事である、ということであって、間取りやデザイン・設備・仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「建築屋」と「建築家」は、どこが違うか――サポリティ=イタリアの家具に関して

〔第4回〕     2001年のこと、インテリアコーディネーターの資格を扱っている社団法人インテリア産業協会が、参加企業の協力で、インテリアコーディネーター資格取得者向けに、スキルアップ講習をおこなっていて、その時、輸入家具を扱っている株式会社大塚家具が、東京都江東区有明の同社ショールームにて、ブランド家具の流れ・・だったか、そういっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイングラスはどこを持つべきものか。

〔第2回〕    昨年(2010年)12月の忘年会の時、一級建築士という自称「建築家」の設計事務所のオッサンが、その時、入っていたのがワインであったか、水であったか忘れたが、ワイングラスというのか、ゴブレットというのかを、下の足の部分を持たずに、その上の飲料が入っているふくらんだ胴の部分を鷲づかみにしているのを見て、なんとも、いや~な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more