テーマ:浜松

「一条工務店の家は完璧にすばらしい」の反証13-浜松のインテリア館で購入を検討していいのは「静岡市から名古屋市まで…

[第710回] 一条工務店の浜松営業とはどういう人間か【18/  】  「一条工務店の建物は同業他社と比べてすべての面にわたって完璧にすばらしい」の反証 《19》 浜松インテリア館では、お客様に家具を買わせるわけにはいかない。 浜松中心主義・「アタマが浜松」の人間からは、離れた地域の人間は買物はできない。   少し前、富山県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(株)一条工務店の浜松営業はどんな連中か【4/ 】集成材vsムク材。対住友林業は楽勝か難敵か

[第691回] 【C】-3   東京圏や関西圏ならば、「けっこういろんな人がいる」ということはあるが、「地方」向けの商品を都市圏で売ろうと思ってもきついところはある。価格帯については東京圏や関西圏では「広い価格帯で建てる人がいる」のに対し、「地方」にいくと、その地域で建てる人の価格帯というものがそれほど大きく差がない、少なくとも東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一条工務店浜松営業【3/ 】「浜松でいいもの」は東京人に?プレカット工場はプレカットせず出荷した?

[第690回] 【C】-2   1992年5月、「研修」に講師役で来た名古屋南営業所の所長の近藤路夫は、「住友林業なんかが競合になったら、『ごちそうさん』てなもんだ。簡単に契約とれる」と発言したのだ。私は1992年4月に入社して東京営業所(展示場)に勤務し、その後、松戸営業所(展示場)に勤務したが、その頃の東京圏の(株)一条工務店に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(株)一条工務店の浜松営業とはどういう連中か【2/ 】ダンピング浜松・名古屋。浜松は東なのか西なのか

[第689回] 会社と営業の話( )-2   (株)一条工務店 の「遠州人」の営業はどういう連中か、第2回。 【C】-1 (株)一条工務店に応募した際に見た「ビーイング」には「研修制度が充実していますので、売れなくて困るということは絶対にありません」だの「一条工務店の来場数は他社と比べても群を抜いています」だの何だのと嘘八百を書き連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(株)一条工務店の浜松の営業とはどういう連中か【1/ 】+遠州人の特徴

[第688回]   「浜松とはどういう所か?」ときかれたら、「大阪城よりは小さいけれども浜松城がある♪ 琵琶湖よりも小さいけれども浜名湖がある♪ 鳥取砂丘よりも小さいけれども中田島砂丘がある(^^♪」と答える、と教えてくれたのは誰かというと、(株)一条工務店の本社があった浜松市倉松町からJR東海道本線「天竜川」駅の南側の総合住宅展示場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と信教の自由侵害【15】給料へつった金が方広寺門前のじいさんの小遣いに化けた

[第559回] 会社と営業の話(131)   1998年、静岡県浜松市北区引佐町奥山(かつては、静岡県引佐郡引佐町奥山 であった)の深奥山方広寺で、「座禅研修」と称した「信教の自由」を侵害する「研修」を、(株)一条工務店http://www.ichijo.co.jp/ により強制的に受けさせられた。 掛川営業所の「所長」であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と信教の自由の侵害【14】不良ボーズによる宗教の強制は国民の信仰心を妨げる

[第558回] 会社と営業の話(130)    今回、東名高速道路の「三ケ日」インターチェンジから、県道85号を南下して、「都筑」交差点を左折、国道362号(姫街道)を東に進み、北区細江町気賀から県道320号(引佐舘山寺線)で北上、左に龍潭寺(りゅうたんじ)を見ながら進み、T字路の「神宮寺」交差点を左折、県道303号(新城引佐線)を西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山方広寺(浜松市)と信教の自由侵害【13】七尊堂(富士浅間・春日・伊勢・稲荷・八幡・梅宮・北野)

[第557回] 〔 冤罪を晴らす神さま・菅原道真・怨念を晴らすお百度まいり(44) 〕     深奥山方広寺(静岡県浜松市北区引佐町奥山)は、本堂・半僧坊・開山堂とは谷を隔てた位置に、七尊堂・稲荷社と椎河龍王(のお堂)があります。もともとは、七尊堂・稲荷社・椎河龍王は「半僧坊+方広寺」とは近隣にあっても別のもので、この小川に沿った位置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と信教の自由侵害【12】開山堂・半僧坊真殿。本人が希望しないお守りは害がある

[第556回] 会社と営業の話(129)     お寺に参拝する場合、総門をくぐり、山門をくぐったら、鐘楼の所を通り、手水舎で両手と口をすすいで本堂に参拝、というのが基本的な進路で、その後、本堂以外を訪ねることになると思います。 その点で、深奥山方広寺が「方広寺・半僧坊 拝観コース」として矢印で地図に指定している順路は、もしも、正月か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と信教の自由の侵害【11】上天台舎利殿・観音堂。「親に感謝」は教育勅語の思想

[第555回] 会社と営業の話(128)    深奥山方広寺(静岡県浜松市北区引佐町)では、大庫裏~本堂~開山堂~半僧坊、本堂~上天台舎利殿 と、靴を脱いで上がって内部まで入らせてもらうことができるのですが、内部まで入らせてもらえるのはいいのですが、しかし、その一方で、本堂などは、正面は閉められており、又、外から見ても、大庫裏からの渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と信教の自由侵害【10】 鐘楼・本堂。裏口は嫌い。従業員の労働が化けた羅漢様

[第554回] 会社と営業の話(127)    深奥山 方広寺(浜松市北区引佐町)では、拝観受付が2カ所あるようですが、バスで行って「奥山」バス停で降りて歩いていくか、もしくは、自家用車で行ったとしても、「奥山」バス停の付近に無料駐車場があるので、そこに停めて行くかすれば、「黒門」をくぐり、赤い「山門」の手前の拝観受付で拝観料を払って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と信教の自由の侵害【9】三重塔。堂宇を増やすのが寺の発展なのか

[第553回] 会社と営業の話(126)    黒門をくぐり、参拝受付の後ろの赤い山門をくぐり、二俣になった道の左の小川に沿った道を進み、椎河龍王の宮の下を進んでいくと、道は上り坂になって、赤い亀背橋という鉄骨造の橋の左側に出るが、そこで橋を渡らずに、左手に坂を進んでいくと、登り切った所が駐車場になっていて、駐車場の手前に、もう1箇所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と信教の自由侵害【8】椎河龍王、亀背橋。信教の自由の侵害を認識できないのは病

[第552回] 会社と営業の話(125)    石橋に「羅漢さん」が載っている脇の参道を進むと、道が二俣に分かれる所に出る。↓ 樹木が両側に茂った谷地の道で、小川が流れ、ひんやりとして心地よい。 ↑  左の小川に沿った低い道の方が「拝観経路」とされているが、実際には、左を進むと、「椎河龍宮」(「椎河龍王(しいがりゅうおう)」)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と信教の自由侵害【7】弁天堂。利益を生み出したのは労働。使用者に媚びる俗物寺

[第551回] 会社と営業の話(124)     実際問題として、深奥山方広寺(浜松市北区引佐町奥山)の「境内」を歩いてみると、その敷地が広いことと、建築物が多い、それも、けっこうカネがかかっていると思われる建築物が多いことに気づく・・・・が、それらの建築物には新しいものが多い。建築で国宝に指定されているものはなく、重要文化財に指定さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と「信教の自由」の侵害【6】山門。「儲かってる」会社が人をやめさせてよいのか

[第550回] 会社と営業の話(123)    掛川営業所の「所長」だった近藤雅雄さんの発言について、もっともだと思うもの4つ、これはいかがなものかというもの2つを述べたが、もうひとつ、「いいところ、あるじゃないか」と思ったもの1つを述べる。 ≪5≫  2000年頃、それまで、(株)一条工務店では、たとえば、栃木県の営業所で営業所長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と「信教の自由」の侵害【2】商品を大事に思う心。住宅営業にとっての知識。

[第546回] 会社と営業の話(119)    かつては、引佐郡引佐町奥山・・・という住所だったが今は浜松市北区引佐町奥山・・・という住所になった深奥山方広寺というのは、けっこう由緒がある方の寺のようで、全国的には「国家安康」「君臣豊楽」の鐘で有名な京都の方広寺の方が知名度は高いし、臨済宗の寺としては、鎌倉五山第一位の建長寺とか国宝の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深奥山 方広寺(浜松市)と「信教の自由」の侵害【1】八百長の全国1位営業。遠州地域の営業の我田引水

[第545回] 会社と営業の話(118)     当然のことながら、「信教自由」は守られないといけない。 日本国憲法には、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第十九条  思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。 第二十条  信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンパネや集成材はぬるま湯につけると接着剤がはがれるか?―教える気がなくなる新人(1)-5

[第308回]営業と会社の話(71) 【6】 「コンパネはぬるま湯につけると簡単にはがれる」か? [1] 浜松でいいものはどこでもいいか? 宇宙の天体は浜松を中心として回転しているか?    在来木造の一条工務店という会社は、どうも、従業員に嘘を教えることが多い会社だった。 会社として教えているのか、個々の従業員として教えているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プレハブ」とは何か。建築現場の仮設小屋と「プレハブ」は一緒か?―教える気がなくなる新人(1)-4

[第307回]営業と会社の話(70) 【5】 建築現場の「スーパーハウス」がプレハブなのか?    前回までで述べた一条工務店の東京営業所に1992年に在籍したOくんの発言というより暴言、もしくは寝言については、Oくんの不勉強・不真面目に大きな原因があるのは間違いのないことで、Oくんはそのあたりを重々反省しなければならないと思うが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more