テーマ:慶應義塾

名曲喫茶でなくなった「名曲喫茶 白十字」、及び、「慶應の学生なら芳賀書店に行くべき」なのか?

[第703回] 神保町界隈【1/3】   このブログでも東京圏の名曲喫茶を何軒か紹介いたしました。 「麦」(東京都文京区本郷)・・・クラシック 〔⇒[第170回]《春日通から本郷三丁目。中央大理工学部・東京戦没者霊苑・シビックセンター。名曲喫茶「麦」。住宅の擁壁 》https://shinkahousinght.at.webry.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光明寺(鎌倉市)参拝【7/11】「鎌倉アカデミア」。「『教育』する側」の論理・「される側」の論理

[第594回] 鎌倉シリーズ(3)‐7    開山堂の左手前に「鎌倉アカデミア」の碑が立っています。↓ ( ↑ 背後の建物が開山堂。 左手前が「鎌倉アカデミア」の碑。 ) (↑「ここに 鎌倉アカデミア あり」 と書かれています。)    「鎌倉アカデミア」とは、いったい何なんだ? というと、《光明寺HP 「境内のご案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校で学ぶものは役に立つのか立たないか。「内部進学」VS「私立受験校卒」VS「公立伝統校卒」VS・・

[第586回] 会社と営業の話(138)‐1    1989年(平成1年)に小堀住研(株)〔→エスバイエル(株)→ヤマダエスバイエルホーム(株)http://www.sxl.co.jp/ 〕に入社した際、1988年(昭和63年)に慶應義塾大学に同社が出していた求人票には「応募条件」として、 営業系(営業・人事・総務・経理など)・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パワハラ」・暴行を社長は許可できるか【1】セクシュアルハラスメントには「精神適応」か改善要求か

[第571回] 会社と営業の話(137)‐1     職場における「パワハラ(パワーハラスメント)」について、罰則を含めた法規制を定めることに政府が着手した、というニュースが出ていた。 ー・-・-・-・-・-・-・-・- (YAHOO!ニュース) パワハラに罰則含め法規制 政府検討 対象の線引きに課題 8/27(日) 7:55…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みんなへのお土産を1人で9割以上食う男」というのは東京人気質なのか?及、「学生相談室」に警戒せよ!

[第539回]    桜の季節、もうすぐ藤とか躑躅とかの季節に言うのもなんだが、「紅葉の名所」というと、「京都の高雄、大阪の箕面」というのが定説だった。どこで定説だったかというと私が子供の頃の我が家においてであったが、東京人は「タカオ」というと、中央線の八王子の西の方の「高尾」は知っていても、京都の神護寺がある高雄はまず知らないと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淀屋橋から中之島東部、その周辺の建築。及、思考の堅さを「思考の柔軟さ」と主張する慶應ボーイ!

[第536回]     東京圏の人間には、関西嫌い、大阪嫌いの人間がけっこうおり、そういう人間には、「大阪なんて何もない」などと自分が知らないだけなのに言う勝手な者がけっこういます。 東京もん がそういうことを言うのなら、アホはほっとけ! と考えるしかないのかもしれませんが、大阪府北部の市立中学校で1年の時に、「地理」の先生が、「京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親はいつまで謝るのか」7 未婚者は妻帯者より忙しい。不良企業から寄付をもらう鈴木康友

[第489回] 会社と営業の話(102)-7    慶應義塾大学文学部卒で明治大学商学部教授だという藤田結子さんのコラム「毎日新聞 経済プレミア」「働く母親は上司と同僚にいつまで謝り続けるのか」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/01100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親はなぜ謝るか」3 周囲に世話かける者がなぜ謝るのが嫌か。慶應タイプと非慶應タイプ

[第485回] 会社と営業の話(102)-3    「毎日新聞 経済プレミア 育児ザバイバル 藤田結子 働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか 2016年11月25日」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/011000c   という慶應…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか」(毎日)の間違い[1]及、慶應の内部と外部

[第483回] 会社と営業の話(102)-1     ヤフーニュースで、実に汚らわしい記事を見た。 11月27日(日)の日付がはいっていた毎日新聞によるものだが、毎日新聞でもその元の記事がインターネットで公開されており、それは、《 毎日新聞「経済プレミア」「働く母親は上司と同僚にいつまで謝り続けるのか(藤田結子/明治大学商学部教授) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛風になると思いだす事【下】病人に贅沢すんなと寄ってくる男を注意しない会社。お飾り社長は独立自尊か

[第473回]「痛風になると思いだすこと」【上】http://shinkahousinght.at.webry.info/201611/article_1.html の続きです。 ぜひ、【上】とともにお読みください。    そのうち、(株)一条工務店では、「新卒入社で入った人間は大事にしなければいけない」などと言い出すようになった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛風になると思いだす事【上】激痛に耐える者に「贅沢すんな」と寄ってくる男。蜜柑を食べれない慶應ボーイ

[第472回]    私が最初に痛風になったのは1997年、今から20年弱前、(株)在来木造の(株)一条工務店に在籍して、福島県いわき市の営業所にいた時だった。 それまで、痛風などというものをよく知らなかった。 中風(ちゅうぶ)と痛風(つうふう)はどう違うかというと、ぜんぜん違うのだが、それすらもよくわからなかった。    朝、目が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館の建築。 槇文彦「慶應義塾大学 日吉(新)図書館」を考える。 私が好きだった入新井図書館。他。

[第293回]     私はかつて図書館が好きだった。 図書館で何を借りるかというよりも、図書館という場所が好きだった。前川國男が設計したという神奈川県立図書館に行ったこともあり、その時は、誰が設計したかなど知らなかったし、自分が建築関係の仕事につくとは思っていなかったし、前川國男という人の名前も知らなかったが、図書館らしい落ち着いた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

慶應日吉・三田新図書館、関学、東大法科大学院棟、マレキアーレの家他―自然・先住建物と調和する建築。

〔第136回〕    前回のブログに挿入して、自然・先住建物に調和する建築について述べました。 そこで触れた 慶應義塾 日吉・三田キャンパスの先住建物と日吉新図書館・三田新図書館(槇 文彦)、関西学院のヴォーリズ設計の建築群とその後に建築された一粒社ヴォーリズ設計事務所の建物、東大本郷キャンパスの法科大学院棟(槇 文彦)について、文章…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

千葉市都市緑化植物園 と 千葉市立星久喜(ほしぐき)中学校 について。

〔第14回〕 第7回と第13回で述べました千葉市中央区星久喜町(ほしぐき まち)の新華ハウジング有限会社の星久喜モデルハウスのすぐ近く、徒歩2分くらいのところに、千葉市立星久喜中学校と、その向かいに、千葉市都市緑化植物園があります。 今回は、この2つについて述べさせていただきます。 (1)千葉市立 星久喜中学校(ほしぐき ちゅうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more