テーマ:屋根

日下部民芸館5ー榑葺屋根と金属材屋根。「金属屋根+雪止め+樋」で積雪に工夫の家。頑丈なアーケード。高山駅の平な屋根。

[第739回]高山シリーズ6回  日下部民芸館5   日下部民芸館(日下部家住宅)(岐阜県高山市大新町)の5回目です。   高山市では、高山市三町 と 高山市下二之町(しもにのまち)・大新町(おおじんまち) の2か所が伝統的建造物群保存地区に指定されていますが、同時に指定されたわけではなく、三町が昭和54年(1979年)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高山市の分譲地で見た片流れ屋根のモデルハウス。 理由があって片流れ屋根にする業者と理由なくする業者

[第475回] 高山シリーズ第4回≪16≫    建物にとって、特に木質系戸建住宅にとって、屋根とは何か。 屋根とは、建物の一番上の位置にある単なる飾りか? 私は違うと思います。「思います」ではなく、「違います」。ところが、それがわかっていない自称「設計士(さま)」なる若造がいる。そういう人間を使って建てている建築会社がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白川郷バスターミナルは10月から荻町に移動。合掌造・切妻屋根の造りと「ドッキング片流れ」屋根の強弱

[第474回]    中学生になったころ、1970年代前半、白川郷という所に一度行ってみたいと思ったのだが、時刻表で調べると、行くのは相当大変のようだった。 鉄道は通っていないが、鉄道で近い所まで行って、そこからバスに乗るとすると、近そうな駅というと、高山本線の「高山」なのか、越美南線の「北濃」なのか。 時刻表の後ろの方のバスの時刻を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新装「高山駅」。周囲の景観との調和を考えた建物だが。及、屋根とは何かわかっていない建築会社について

[第471回] 高山シリーズ第4回≪15≫ 「東山遊歩道」と日の出天満神社・大八賀神社以外の(3) 【4】 JR高山本線「高山」駅    金沢から乗ったバスで、白川郷のバスターミナルで降り、高山行きに乗って高山バスターミナルに着いて、ふと見ると・・・・・→ なんだ、これは! ※《YouTube-「芸術は爆発だ!」「何だ、これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高山市政記念館(旧 高山町役場) 「むくり」のある屋根。折上格天井。~高山シリーズ第3回(4)

[第354回]高山シリーズ第3回(4) 【3】高山市政記念館(旧 高山町役場)    高山訪問4度目、このブログでのご紹介は3度目。今回は、高山市政記念館(旧 高山町町役場)に行きます。 ≪1895年(明治28)から1968年(昭和43)まで高山町の役所だった建物を公開している。 和洋折衷の2階建てで、間口21.88m、奥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高山陣屋[2]式台。白州。曲がった木は梁。土縁庇。榑葺き。 ~高山シリーズ第3回(3)

[第353回]高山シリーズ第3回(3)   前回、高山陣屋(群代官所)の床の間について述べましたが、高山陣屋(群代官所)は床の間しかないわけではありません。 ↑ 「高山陣屋」(群代官所) 玄関正面。 高山市八軒町1-5 伝統的建造物群保存地区の「さんまち」とか高山市政記念館などが宮川の東にあるのに対し、「高山陣屋」は宮川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛騨国府駅・国府交流センター・「耳付き片流れ屋根」-高山シリーズ第2回(6)、 屋根の形状の適否

[第283回] 【23】  高山市国府町 「こくふ交流センター」     飛騨国府駅は無人駅で、駅の北側は何もないが、南側に、高山市国府町出張所(かつての国府町町役場か?)などがある。 こくふ交流センター は、高山市飛騨国府町、飛騨国府駅のすぐ南側にあるが、木の国・飛騨だけあって、外壁に板壁を使用している。 こくふ交流センタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂別雷神社[上賀茂神社]参拝9.流造と切妻、建築見学をしない建築屋、不動産業の神「迦毛の大神」

[第261回] 【1】 「流造(ながれづくり)」と「切妻屋根」の違い、入母屋屋根と「寄棟と切妻のミックス」との違い。     今はむかし、在来木造の一条工務店に在籍して福島県いわき市の営業所にいた時、見込客で和風外観で、寄棟屋根で建てるか入母屋で建てようかと考えていた御家族を、同社で入母屋屋根で建てていただいた入居者宅の前をクルマで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀茂別雷神社[上賀茂神社]参拝7.檜皮葺(ひわだぶき)とは・社家町・大田神社・北大路魯山人生誕地 他

[第259回] 【1】  細殿の西のにある授与所の西(楼門に向って左手)に、岸田工業(株)というところが奉納したという「檜皮葺」屋根の模型が展示されており、模型だけに近づいて見ることができ、よくわかりました。 ↓ ↑  「檜皮葺(檜皮葺)」の模型   「檜皮葺」というからには、桧の皮なのだろう・・・と思うのですが、一方で、通常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何気ない動作に見られる建売大工の習性―ボンドをのばさずペッペッペ他。及、軒のない家・片流れ屋根の問題

[第252回]    インターネットの通信販売で社長が机を購入した。 「安い」と言って買ったはいいが、奥行きが無茶苦茶浅い。 いいものが安いのではなく、もともと安いものだった。 「ノックダウン家具」といってわからない人もいると思うので簡単に説明すると、要するに自分で組み立てる家具のことで、比較的安い―この場合、もともと、低価格のものと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more