テーマ:女性

「先輩社員のクルマはタクシーではない」という常識を認識できない女【4/4】

[第586回]     普通、先輩社員と一緒にどこかに訪問するのに、遅刻してきた、しかも、名刺も忘れてきた・・・となると、その訪問先から外に出た時にでも、「すいませんでした」の一言くらいは言うものだと思います・・・・が、新華ハウジング(有)〔建設業〕・ビルダーズジャパン(株)〔不動産業〕で社長の長谷川新二の嫁の河野利華の友人だとして2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稀に見るバカ女―「先輩社員のクルマはタクシーではない」【2/4】前段1

[第584回]     2011年、千葉市中央区鵜の森町 の 新華ハウジング(有)〔建設業〕・ビルダーズジャパン(株)〔不動産業〕(いずれも、2013年11月に正式に倒産)に、社長 長谷川新二(男。当時、40代前半)の嫁 河野利華(女。当時、40代前半)の友人だとして縁故入社した滝口恵(女。当時、30代前半)は入社した時から異常な人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親はいつまで謝るか」11「子供」を名分に休む人間て実際は子供が理由でない場合がある

[第493回] 会社と営業の話(102)-11     慶應義塾大学文学部卒で明治大学商学部教授だという藤田結子さんの「毎日新聞 経済プレミア」に掲載のコラム「働く母親はいつまで謝り続けるのか」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/01100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親はいつまで謝るか」10 女性誰もが謝ってはいない。育児の分担はまずオットがするべき

[第492回] 会社と営業の話(102)-10   慶應義塾大学文学部卒で明治大学商学部教授だという藤田結子さんの「毎日新聞 経済プレミア」のコラム「働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/0110…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親はいつまで謝るのか」9 女に甘い会長、社会貢献したがる社長に苛められる男性社員

[第491回] 会社と営業の話(102)-9   慶應義塾大学文学部卒で明治大学商学部教授だという藤田結子さんの「毎日新聞 経済プレミア」のコラム「働く母親はいつまで謝り続けるのか」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/011000c 批判の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親はいつまで謝るか」8 「晩婚」「非婚」は好んでなっていない。妻の同僚に押しつける男

[第490回] 会社と営業の話(102)-8    慶應義塾大学文学部卒で明治大学商学部教授だという藤田結子さんの「毎日新聞 経済プレミア」に掲載のコラム「働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親はいつまで謝るのか」7 未婚者は妻帯者より忙しい。不良企業から寄付をもらう鈴木康友

[第489回] 会社と営業の話(102)-7    慶應義塾大学文学部卒で明治大学商学部教授だという藤田結子さんのコラム「毎日新聞 経済プレミア」「働く母親は上司と同僚にいつまで謝り続けるのか」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/01100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親はいつまで謝るか」6 世話になって「すいません」と言うのになぜストレスを感じるか?

[第488回] 会社と営業の話(102)-6    「毎日新聞 経済プレミア」の慶應義塾大文学部卒で明治大学商学部教授だという藤田結子さんによる「働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか」というコラムhttp://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次世代を担う子供を育てる事は社会に貢献しているという暴言―藤田結子「働く母親はいつまで謝るのか」5

[第487回] 会社と営業の話(102)-5   「毎日新聞 経済プレミア 藤田結子『働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか』 」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/011000c の間違いについて、第5回目。   なんとも、不快指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親はいつまで謝るのか」批判[4]「働く母親」と言いたいなら、とりあえず、働けよお!

[第486回] 会社と営業の話(102)-4   「毎日新聞 経済プレミア 育児ザバイバル 藤田結子 働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか 2016年11月25日」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/011000c  の間違いについ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親はなぜ謝るか」3 周囲に世話かける者がなぜ謝るのが嫌か。慶應タイプと非慶應タイプ

[第485回] 会社と営業の話(102)-3    「毎日新聞 経済プレミア 育児ザバイバル 藤田結子 働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか 2016年11月25日」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/011000c   という慶應…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか」2子持女は未婚者より忙しいというのはおかしい

[第484回] 会社と営業の話(102)-2    「毎日新聞 経済プレミア 育児ザバイバル 藤田結子 働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか 2016年11月25日」http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161124/biz/00m/010/011000c   という慶應…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田結子「働く母親は上司や同僚にいつまで謝り続けるのか」(毎日)の間違い[1]及、慶應の内部と外部

[第483回] 会社と営業の話(102)-1     ヤフーニュースで、実に汚らわしい記事を見た。 11月27日(日)の日付がはいっていた毎日新聞によるものだが、毎日新聞でもその元の記事がインターネットで公開されており、それは、《 毎日新聞「経済プレミア」「働く母親は上司と同僚にいつまで謝り続けるのか(藤田結子/明治大学商学部教授) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線に乗ると思いだすこと-おばはん帝国主義に隣に乗られるのは苦痛で恐怖。おばはんの「治療」は困難

[第477回] 営業と会社の話(97)    新幹線に乗ると、毎度、思い出すことがある。 1980年代、私が「大学生」で20代前半だった時のことだ。 その頃は「のぞみ」などというものはなく、「ひかり」と「こだま」だった時代。 東京から新大阪まで「ひかり」に乗った時、東京駅で、私よりいくつか年上、20代後半の後半か30過ぎくらいの夫婦が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

担当外の者に自分の仕事をさせPTA役員やりブログで公開女-自分が働いていない時は見えない場所で[5]

[第387回] 営業と会社の話(84)-5 ≪B≫  【4】  自分の担当の仕事を時間外に無賃労働で担当外の人間にやってもらって、自分は定時に帰り、「すいません」も「ありがとうございました」も言わない新人類女。 さらに、自分の担当の仕事を担当外の人間に時間外に無賃労働でやってもらっておいて、その上で小学校のPTA役員などというものを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「女が働くのは大変」か?―男だって大変だろ。 そんなに大変なら働いてもらわなくてけっこう (1)

[第323回]    安倍晋三が女性の管理職を増やそうと言いだしたようだ。 なんか、変じゃないか? 女性だから管理職にならさないということはやめるべきだ、女性でも優秀な人にはなってもらえばいい、という主張ならけっこうなことだと思う。 しかし、「女性枠」みたいなものを作って、女性であるからならせる、みたいな動きは、それは、むしろ、男性で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有望見込客を怒らせて帰らせ平気な女―男性の気持・思いやりを土足で踏みにじる女、来客を追い返す女【下】

[第269回]営業と会社の話(62)‐3 [1]  「冗談として言いながら、実は冗談ではない」という手法があります。あれは冗談ではないなと気づく人間は気づくが、その発言が気にいらない者が追及・攻撃しようとした場合には「冗談でしょ」ということで切り抜けることができる、しかし、やはり冗談ではない、という手法です。 【上】で述べた 私が「ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性巡査の「巡回連絡」に警戒せよ!―男性の気持・思いやりを土足で踏みにじる女、来客を追い返す女【中】

[第268回]営業と会社の話(62)‐2  警察の恐怖(13)    在来木造の一条工務店にいた時、在籍後半、それまで、各工事現場によってひとりの工事担当者が一貫して担当していたのを、工事担当者を各地域ごとにすべての工事現場を基礎工事担当・木工事担当・仕上げ工事担当と3人で分業するようになり、仕上げ工事担当は女性になり、引き渡し時の工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の為の販売会に「わたし、○日なら出ませんからあ~あ」で通じる(!?!)新人類女性“営業”の話

〔第195回〕 営業と会社の話(44)    1980年代後半、私が大学を卒業して最初に勤めた戸建住宅建築請負業のK住研では、私が入社した時、真面目に努力すれば特に多いか少ないかは別として、営業としてそれなりにやっていけていた。 時期が「バブル」がはじけるより前であったということもあったかもしれない。 その後に入社した I 工務店では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クルマで移動する営業の心掛け、建築の住宅・不動産の住宅の営業の常識。 営業と言えない「女性営業」の話

[第192回]営業と会社の話(42)     前回の千葉市中央区道場北 の 北總天満宮、及び、中央区本町の八坂神社 訪問に際して、↓の有料時間パーキングを利用しました。 (↑写真はクリックすると大きくなります。) 地図で見るとここから近そうな感じがしたのですが、実際にはあまり近くありませんでした。     この写真の道路は佐倉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人の気持ちを理解する者と踏みにじる者はどちらが営業に適性があるか、及、なぜ男性は女性に譲るのか

〔第156回〕営業と会社の話(39)    営業とは何か? 今となっては20年以上前、木質系住宅建築請負業のK社で、営業の仕事を始め、しばらくした時、この問題について、 ひとつは、知識であり、ある程度以上の知識を持った上での相談能力である、と認識した。 世の中には、「柱と梁(はり)の違いもわからないで、それでも売っている」ような住宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先輩社員に協力を頼んでぎりぎりに来る女、名刺持参しないで平気な女。こういう人、どうすればいいですか?

〔第133回〕営業と会社の話(31)    何年か前に、雇用機会均等法という法律ができ、又、雇用均等室という機関が各都道府県の労働局に設置されました。 それが良かったか悪かったか。 「悪い」「悪かった」とは思いませんが、「良い」「良かった」かというと、問題点も相当にあるので、少なくとも手放しで喜べる内容ではないと私は思っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「男の気持ちを理解できる女性営業」・「女の気持ちを理解できる男性営業」~会社と営業の話(24)

〔第97回〕    私は、高校生くらいの頃、営業の仕事をするつもりはまったくなかった。というよりも、せっかく、小学校の1年から真面目に努力して勉強してきたのに、営業みたいなものを、なぜ、しなければならないのかと思ったし、又、営業のような仕事をしなくてもいいように、小学校の1年から苦労して努力して学習してきたつもりであった。    エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、不動産屋の女は男性が梁(はり)を運ぶと部屋中に入ってコーヒー飲むのか?~営業と会社の話(17)

〔第71回〕 私が在来木造の某社で福島県の いわき市の営業所に在籍した時、私が担当させていただいたお宅としては、現在、福島第一原発から20㎞圏内の「警戒区域」に該当してしまった双葉郡楢葉町・双葉郡富岡町で建てていただいた方、現在、「緊急避難準備区域」に指定されている双葉郡広野町で建てていただいた方がありました。 原発事故がなければ、本来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひと言の言える人間・言えない人間、及、人の行動にはメッセージがある~営業と会社の話(14)

〔第68回〕 今回の標題は、「新入社員研修」とかで言われそうな文句ですが、そういうところで言われると、うんざりしてしまうことが多いのではないかと思います。なぜ、そういうところで言われるとうんざりするかというと、「講師」として出てくる人というのが、「新入社員を懲らしめる話」をすることによって経営者からカネをもらおうというしょーもないオッサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとのクルマに乗せてもらって駐車場代まで出させる女~そんな神経では営業は?~営業と会社の話(12)

〔第66回〕 私が勤めている千葉市中央区の会社でのこと。社長の知り合いの生命保険会社のセミナーに従業員何人かで行くように社長から言われて行きました。 大きすぎて営業に不向きなクルマに乗っている女ひとりと小さすぎて営業に不向きなクルマに乗っている男ひとりのふたりを私のクルマに乗せて千葉市中央区内の生命保険会社に行きました。 マア、それは良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストラディバリウスを鷲づかみで持っていく女~それで営業ができるか?~営業と会社の話(9)

〔第63回〕 「ストラディバリウスを鷲づかみで持っていく女」「教授にノートを借りる学生」「安藤忠雄に製図道具を借りる建築屋」というのは、はたして、営業として「売れる営業」か? というのが今回の課題です。   (結論) だめです。   どうしてか? それを説明いたします。    「ストラディバリウス」というのは、アント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性社員にゴキブリ処理をさせる方法、もしくは、「営業力のある女」と「ない女」~営業と会社の話(8)

〔第62回〕 私が勤務する千葉市の建築会社でのこと。 会社の事務所内で、4月に中途入社したばかりの女性社員が「ギャーア~ア」と大声を張り上げたので、いったい、何ごとかと思ったら、ゴキブリがいたと言うので、あきれてしまった。   自宅であれば、大声でも何でもあげてもらって良いが、職場においては、ゴキブリくらいのことで、大声でわめかれては…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more