テーマ:木造建築

東大寺【8/10】転害門。「木は生育のままに使え」を実践した柱。門はやはり「外から中」が主。

[第646回] 飛鳥・白鳳・天平の建築シリーズ    さて、「くろうと好みの転害門」「違いがわかる男の転害門」です。 最初は、南大門から大仏殿、正倉院まで行った後、もう一度、南大門まで戻って、東大寺の西側の南北の通り、国道369号を北上して、転害門(てがいもん)の西側に行くつもりでした。 なぜなら、やっぱり、門というものは外から中には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大寺参拝【7/10】正倉院宝庫。校倉造の原理と言われていたものは実は・・なんて今さら言われても・・

[第645回] 飛鳥・白鳳・天平の建築シリーズ    中学校の時に遠足で東大寺に来た時には、「はい、こちらに来てください」とかガイドさんだか先生だかに指示されて移動したので、何と何がどういう配置にあったか、帰ってみるとよくわからなかった。 東大寺の建築でのビッグネームというと、南大門・大仏殿とともに、正倉院と三月堂(法華堂)・二月堂だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大寺【6/10】大仏殿4 長太の横材が多い大仏殿。東大の試験科目を知らなかった進学校の教諭

[第644回] 飛鳥・白鳳・天平の建築 シリーズ    小川三夫『宮大工と歩く奈良の古寺』(2010.7.20.文春文庫)には、   ≪ 天竺様が開発されたことは凄く新しいことだったんです。 今の建物は南大門もそうだけど、天竺様の新しい建て方です。    奈良の創建当時のものは、従来通りに斗(ます)、肘木(ひじき)、尾垂木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大寺参拝【4/10】大仏殿2 伝統構法による木造で最大級。大仏の頭の上に鉄骨製トラスは見えない

[第642回] 飛鳥・白鳳・天平の建築 シリーズ    東大寺の大仏殿(金堂)は、「世界最大の木造建築」と言われるが、それは正しいのか・・・というと、厳密にはよくわからないところもあるようだ。 『古社名刹巡拝の旅1 平城の都 奈良  東大寺・春日大社・興福寺』(2009.4.28.集英社)には≪・・大仏殿は天平の創建時も鎌倉の再建時も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大寺参拝【3/10】大仏殿1 なぜ東大寺の大仏は大きいか。幅・奥行・高さの釣合い。中門・西楽門

[第641回] 飛鳥・白鳳・天平の建築 シリーズ    南大門をくぐり直進すると、 ↑ 手前に見えるのが「中門」(重要文化財)で、その向こうに見えるのが「大仏殿」(金堂)(国宝)です。 ↑ 「南大門」から「中門」に至る参道の右手にある池は「鏡池」。 ↑ 「中門」(重要文化財)。    南大門を見てそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大寺 参拝・見学【2/10】南大門〔2/2〕挿し肘木・通し肘木。鉄骨の貫は見えない。背割りはない。

[第640回] 飛鳥・白鳳・天平の建築シリーズ    東大寺の創建は、奈良時代、聖武天皇の時代であったが、その後、多くの伽藍は焼失して、創建時から残っているものは転害門だけで、南大門・大仏殿は鎌倉時代初期に再建され、大仏殿はその後、さらに焼失して江戸時代初期に再再建された。 だから、南大門は様式としては、鎌倉時代初期の「天竺様」(もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大寺 参拝・見学【1/10】南大門〔1/2〕 近鉄奈良駅から南大門へ。知識で物を見ないで

[第639回] 飛鳥・白鳳・天平の建築    「飛鳥・白鳳・天平の建築」シリーズ・・・とはいえ、東大寺の場合、南大門は鎌倉期の再建、大仏殿になると、平重衡の南都攻めで炎上して鎌倉期に再建されたものが、戦国時代、松永久秀と「三好三人衆」との戦いにおいて炎上、今あるものは、1705年、18世紀初め、江戸時代に再再建された三代目の大仏殿であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大「弥生講堂アネックス」。「V」の溝にほこり、木にはカビが生え鉄は錆び「建築家」は・・+ハチ公の像

[第496回]    東京大学の本郷地区は、法学部・経済学部・文学部・工学部・理学部・医学部などがあって赤門・三四郎池・安田講堂などがある本郷キャンパスと、その道を隔てた北側の農学部と野球場などがある弥生キャンパス、それに、なんだか最近、拡張されたような浅野キャンパスというものがあるのですが(「アイソトープ総合センター」なんていかにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京大学 「弥生講堂 一条ホール」について。不良企業の宣伝広告に加担する東京大学と浜松市と杉山英男

[第494回]    正月に東大の本郷地区の北西あたりにある白山神社に行きました。〔⇒[第490回]《あけおめ。 白山神社(東京都文京区)参拝-恋の神様(3) 「とりもつ」神さま。神社を見おろす東洋大学 》http://shinkahousinght.at.webry.info/201701/article_1.html 〕 その帰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレカット工場を異常に信用する男[2]構造計算屋は計算だけ、プレカット工場は刻んでるだけて知らんの?

[第435回]機械プレカットは信用できるか、及、プレカット工場に異常な信用をする男[10]  プレカット工場に実状を超えた信用をする男[2] 【2】-2 プレカット工場に異常な信用をする者の例(続き) (2) 構造について、「プレカット工場が問題ないか見ていますから、絶対に問題ありません」と言い張る男。     社内公用語は大阪弁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレカット工場を異常に信用する男[1]プレカット工場が大丈夫だと言えば逆向きの筋交いでも大丈夫か?

[第434回]木造住宅建築に際し機械プレカットは信用でくるか、及、プレカット工場を異常に信用する男2例[9]  プレカット工場を異常に信用する男[1] 【1】の《1》~《8》 までで、機械プレカット工場の問題点を、(株)一条工務店・日本産業(株)の工場に実際に勤務した経験を踏まえて、機械プレカット工場 全般について考えられることと、(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梁の強度検査機械は役立つか?ソロモンマホガニーはマホガニーでない―機械プレカットは信頼できるか[6]

[第431回]機械プレカットは信用できるか、及、プレカット工場を異常に信用する男2例[6]  機械プレカットは信用できるか[6] 【1】-6 機械プレカットの長所と問題点(続き) (サ) 《「音の伝わり方」から梁の強度を調べる機械》     (株)一条工務店の工場見学会では、「音の伝わり方から梁の強度を調べる検査機」というものを見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木造建築に際し機械プレカットは信用できるか[2]二つに割れた梁、大黒柱に大きな節、いいかげんそISO

[第427回]木造住宅建築に際し機械プレカットは信頼できるか及、「プレカット工場」を異常に信頼する男2例[2]  機械プレカット工場は信用できるか[2] 【1】-2 機械プレカットの長所と問題点(続) (オ) 真っ二つに割れた梁     1997年、福島県双葉郡広野町で、私が営業担当をさせていただいたお宅で、上棟の時に、1階の柱を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木造建築に際し機械プレカットは信用できるか―[1]寸法違いの丸太梁、ホゾ穴のない土台、鉋がけ不良の柱

[第426回]木造住宅建築に際し機械プレカットは信頼できるか及、「プレカット工場」を異常に信頼する男2例[1]  プレカット工場は信用できるか[1]     かつては、在来木造の建物の「ホゾ」「ホゾ穴」、「継手(つぎて)」「仕口(しぐち)」といったものは、大工さんがノミで削って加工していたものですが、現在では、戸建住宅やアパートの建築…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白井市河原子の「天満宮」―梅・松がそろう。道真ゆかりの彫刻がなされた社殿-冤罪を晴らす神さま(7)

〔第172回〕冤罪を晴らす神さま・菅原道真・怨念を晴らす旅(7)   今回は、千葉県白井市河原子(しろいし かわらご)の「天満宮」に参拝いたしました。 この「天満宮」は、「ウィキペディア-天満宮」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE で知りました。 「大野天満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more