加茂家住宅(掛川市)(3)床の間 2か所。一般の柱と同材同寸法の床柱と長押の関係。床の手前の横の位置の付書院。きれ…

[第777回]   加茂家住宅には、床の間が2か所ある。 なおかつ、その2つが正反対の向きに設けられている。 北側は、明治以降に増築されたものらしいので、南側の方が江戸時代からのものらしいが、この建物は南東というのか、東南東というのかを向いて建っているので、南側の元から存在する方の床の間は、真北ではないが、南ではない方を向いていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more