立ち入ると鼻やのどが苦しく眼が痛くなる家。「集成材はムク材の1.5倍強い」とムク材を構造材とする会社の営業なのに言…

[第714回] 「一条工務店の家はすべてにわたって完璧にすばらしい」の反証17 《23》 入ると鼻を覆わざるをえない、眼に激痛を感じる家。池袋。    1992年に私が(株)一条工務店に入社した頃、(株)一条工務店は構造材はすべてムク材で、造作材もムク材を多く使用しているというのを「売り」にしていた。これは「地方」においては評価され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親戚の契約は(株)一条工務店でさせるわけにはいかない。――RC造の地中梁を無断で撤去。設計ミスで軒のない家を施主の…

[第713回]   「一条工務店の家はすべてにおいて完璧にすばらしい」の反証 1993年5月頃までに知ったもの・経験したものを中心に述べてきたが、これまで述べてきたもののうち、いくつかは今現在は改善されているのだが、会社の姿勢については簡単には変わるとは思えない。「一条工務店の家はすべてにおいて完璧にすばらしい」の反証 をあげろと言わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雷門から本堂、水子地蔵、宝蔵門、五重の塔、まんしゅう地蔵、影向堂、および「う〇こみたいの」ー浅草寺【2/2】

[第714回]   「大きなちょうちんのある所」というのが、けっこう魅力的な場所だったりするらしい。東京人にだけでなく大阪人にも人気がある。「庶民の街」が好き! という人にけっこう人気がある所のようだ。その「雷門(風雷神門)」が、↓ ↑ 鎮護堂の所でもらった「あさくさかんのん 浅草寺」リーフレットによると、《天慶5年(942)平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草 伝法院通りの鼠小僧次郎吉と白波五人男-浅草寺と浅草【1/2】

[第713回] 浅草寺【1/2】   「東京の主要な寺」というとどこになるか。 『東京人2002.12.特集 寺見物』(都市出版)では、「特集 寺見物 近ごろはやりの散歩術」として、浅草寺・護国寺・総持寺・増上寺・寛永寺・高岩寺・本門寺・深大寺・吉祥寺・泉岳寺の10寺があげられている。その後、「対談 日本美術応援団、東京の知られざる仏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more