赤坂九丁目の交番と乃木公園内便所―景観調和と存在明示。不自然な「ライオンズヒルズ上池台」常駐警察官

[第443回]交番と公衆便所の研究(7)
【1】赤坂九丁目警備派出所と乃木公園内公衆便所―「景観との調和」「デザイン尊重」と「存在明示」の優先順位について
   交番 と 公衆便所 というのは、実によ~く似ている! という話をこのブログで何回か述べてきた。 私自身、最初から自分自身で気づいたのではなく、今は昔、ある新聞屋の販売店で新聞配達の仕事をした時に、そこにいたけっこう経験があるらしい (おっさん+にいちゃん)÷2 が「そっくりだけどね」と言うので、え? そっくりだっけ・・・・? とそれを聞いてから気をつけて見るようになったというもので、それを聞かなければ特別気にしなかったかもしれない。
   そして、交番と公衆便所を見比べて見てくると、見分け方もないわけではない。 旦那がタクシーのドライバーである東條さち子さんという漫画家が、『タクシードライバーはつらいよ』とかいう漫画を描いていて、そこに、タクシーの運転手には、元警察官のタクシードライバーもおり元ヤクザのタクシードライバーもいるそうで、この2つは大変よく似ている、ということを書いていた。 但し、大変よく似ているのではあるけれども、見分け方がないわけではなく、よく似ているものの、「見るからにヤクザ」「いかにもヤクザ」て感じがするのは、たいてい、元警察の方だというのだ♪
   で、交番と公衆便所の見分け方だが、似てはいるのだが、
1. 交番は2階建てが多いのに対し、公衆便所は平屋が多い、という点がある。 それと、
2. 窓の位置が、公衆便所は高い位置にあることが多い。 そして、
3. 今は「男女共学トイレ(Co-Educational Toilet)」というのはあんまりないので、公衆便所は入口が2カ所ある、
という点が見分けどころか・・・。
   交番は、警視庁(▽▽県警)○○警察署◇◇交番 と書いてある、公衆便所の場合、男マーク・女マークが書いてある ということもあるけれども。

   さて、問題です。
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【問題】 下記の2つの写真を見て、 交番には1、公衆便所には2を下記の回答欄に記入せよ。
A.
画像


B.
画像


[回答欄]  A(   )   B(   )
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

[解答と解説]
   先に、答えを言いますと、上の方、A は、東京都港区赤坂 の 東京ミッドタウンの隣かと思ったら、隣ではなく東京ミッドタウン内 にあるらしい 警視庁赤坂警察署赤坂九丁目警備派出所で、交番ですから、答えは「1」です。 最寄駅は都営大江戸線「六本木」駅です。


   Bは、東京都港区赤坂8丁目 の 旧乃木希典邸、現在の乃木公園の中にある公衆便所です。 公衆便所ですから、答えは「2」です。 乃木公園は住所は港区赤坂8丁目 ですが、最寄駅は東京メトロ千代田線「乃木坂」です。


   A には、警察マーク と 「赤坂警察署赤坂九丁目警備派出所」と入口の上に文字があり、Bには左側に男性マークがあるので、それでわかってしまうかと思いますが、もしも、それがなければ、どちらが交番でどちらが公衆便所であっても不思議はないデザインです。
   これまで、この 交番と公衆便所シリーズ では、似たデザインのもの をとりあげてきましたが、今回は、そういうケースではなく、まったく、異なるデザインではあるが、いずれも、その周囲と同化、もしくは、周囲の景観を破壊しないような、あるいは、周囲の景観と同調するデザインであるものであるという点で共通するものをとりあげました。
   Aは東京ミッドタウンの隣かと思ったら東京ミッドタウンの一部の場所らしいのですが、東京ミッドタウンの建物のデザインの方を主としてそれに合わせた外観にしたようで、Bは乃木公園の内部のもので、乃木公園の周囲の環境に合わせたデザインにしたもののようです。
   その周囲と同化、もしくは、周囲の景観を破壊しないような、あるいは、周囲の景観と同調するデザインであるものとしての性質が共通する場合に、いずれがどちらであってもおかしくない外観になるようです。

※ 赤坂警察署 赤坂九丁目警備派出所 http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/1/akasaka/pbmap/keibi/keibi.htm
東京都港区HP 乃木公園 http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/akasaka/05.html

画像

 ↑ 乃木公園は、旧 乃木希典邸を東京市に寄付された後、旧 乃木邸の建物と「乃木神社」と公園の部分の3つとなっていますが、入口の↑の煉瓦を見ると、これがいつからあるものかわかりませんが、けっこう古くからあるもののように見えます。 Bの公衆便所もそれに合わせた外観になっています。

   最近、外観のデザインに凝った交番というのを見かけます。 又、この赤坂九丁目警備派出所のように、その場所の施設に外観を合わせた交番を見ます。 周囲の景観と調和するようにという考えを絶対に否定はしません。しかし、交番というのは、本来、緊急事態に備えた施設ですから、市民にとって、それが交番だとすぐわかる外観をしていないといけないはずなのです。

   高山市の伝統的建造物群保存地区では、その地区の景観を損なわないようにということで、セブンイレブンでもファミリーマートでも、他の場所のような色彩ではなくその地区に合わせた色彩をしています。 それはいいと思うのです。しかし、郵便ポストも茶系の色をしていたのですが、郵便ポストは赤で良いのではないかなとも思ったのです。 ひとつには、その地域の「伝統的建造物」が建てられてきた時代においても、郵便ポストは存在して色は赤だったのではないかと思うのです。ですから、今現在、使用される郵便ポストも赤でよいのではないかとも思いました。
   さて、交番と警察署ですが、岡山西警察署というのは、「世界の磯崎新」とかいう方が設計されたということで有名ですが〔⇒[第124回]《(素朴な疑問) 岡山西警察署 の 磯崎 新 設計による過剰費用は誰がだしたの?》http://shinkahousinght.at.webry.info/201208/article_9.html 〕、「世界のなんとか」でなくても「フツーの人」の設計でいいですから、ともかく、それが警察署だ、それが交番だと市民にわかりやすい外観をするべきではないかと思うのです。 そうでないと、緊急の時に役に立たない、もしかすると、市民の役に立つ気持ちなんか最初からないのかもしれませんが、少なくともたてまえとしては、「市民の緊急事態の為に存在する」はずですから、デザインに凝り過ぎて、何かわかりにくい交番、周囲に埋没して目立たない交番というのは交番としての機能を損なっているのではないでしょうか。
   「世界の磯崎」とかそういう人の特殊なデザインの建物がいい建物ではなく、交番はひと目見て交番だとわかる建物が交番としていい建物ではありませんか。 そういう点から考えて、デザインに凝って交番とわかりにくい建物、周囲に調和するなら悪くはないが埋没して存在がわかりにくい建物は、機能の点から高く評価される建築ではないと私は思いますね。

   この赤坂九丁目警備派出所には珍しく、「KOBAN」という表記がありませんが、あの「KOBAN」という表示もおかしいと思います。ここは「赤坂警察署 赤坂九丁目警備派出所」と書かれているわけですが、書いて悪いということではありませんが、これだけ書くと文字数が多くてひとつひとつの文字の大きさが小さくなる。 単に「交番」とだけ大きく書き、その下なりに「赤坂警察署 赤坂九丁目警備派出所」と二回りくらい小さい文字で書くというなら悪くないでしょう。ともかく、「交番」と大きく記載することで、そこに交番がある、ここは交番だと、少々目が悪い人にでもわかるようにするということが、機能上、必要なことのはずです。
   「KOBAN」(こばん、小判?)では何のことかわかりません。 漢字が読めない人にもわかるようにということなら、「こうばん」とひらがなで記載するべきで、英語ならわかるという外国人相手なら「POLICE]と書くか、日本人及び「日本語はわかるが日本の文字は読めないという外国人」向けなら、「KOUBAN]でしょう。 

   公衆便所というのも、交番とともに、「市民の緊急事態のために存在するもの」のはずなのです。 しかし、これも存在がわかりにくいものがあります。 周囲の景観を害しないようにという工夫から目立たない外観だったり、周囲と調和する外観だったりする場合があるようですが、それとともに、 「便所」とか「トイレ」とか表示していない場合があります。 「トイレは、うんこ と しょんべん をする所」ですから、緊急事態に備えて、これも、すぐにトイレだとわかるようでないといけないはずで、「トイレ」「便所」(もしくは、「うんこ処」と)大きく表記するべきだと思います。 ↑の乃木公園内の公衆便所も、男マーク・女マークはあっても「便所」とか「トイレ」とか書かれていません。 ここの場合はわかりますけれどもね。
   おもしろいのが、「うんこ処」という表示・・・・は残念ながら見たことがないけれども、最近、中国語や朝鮮語での表記が添えられていることがありますが、「厠処」と書かれたものがあるのです。 中国語だとモロなんだな、と思いました。

   景観と調和するようにという工夫と、交番だとわかりやすいようにという方針は両立できると思うのです。 なぜなら、高山市の伝統的建造物群保存地区のファミリーマートやセブンイレブンは色彩は「伝統的建造物」に合わせたものになっていましたが、十分、ファミリーマートだ、セブンイレブンだとわかりましたから。


【2】 警察の恐怖(20)  交番なのに常に警察官は不在だった東京都大田区の田園調布警察署 中谷駐在所 と、交番でもないのに不自然に警察官が常駐していたマンション「ライオンズヒルズ上池台」
   『ばく盛! まるなま(生) 本当にあったここだけの話 夏の九死に一生 スクープ』(2016.9.9.芳文社)に、漫画:Poko ・投稿者:ペンネーム うさ太郎さん の↓ 
画像

画像

画像

画像

↑という話が出ています。 私は、男性ですから↑と同じ経験はありませんが、交番というものは、基本的にはそこに警察官がいるもの、と思っていたら、「御用の方は、この電話で・・・・までお電話ください」と最寄りの警察署の電話番号が書かれて電話機が置いてあるだけ、という「交番」を何度か見ています。それも、特に近隣で事件があってかけつけた為に不在にしているというのではなく、日常的にその交番には警察官はいないという「交番」があるようです。警察官がいなくて、警察署に電話をするための電話機があるだけという建物を「交番」と言うのでしょうか。

   1990年代前半、東京都大田区上池台で、交番に警察官はいつ見てもおらず、それでいて、交番でもない場所で、近くのマンションの前に常に警察官が立っているということがありました。

↑ 「交番」でありながら、警察官は常に不在で、警察署の電話番号が書かれて電話機が置いてあるだけだった「交番」。 今もそうかどうかはわからない。 「田園調布警察署 中谷駐在所」というらしい。

↑ 交番ではない。 フツーのマンションの入口付近に、ガードマンボックスのようなものが設置され、常に警察官が、マンションの警備をおこなっていた。 マンションの警備が必要なら、マンションの管理組合が警備会社と契約をして警備員を配置するべきであり、こういう場所に警察官がいるのは不自然であり、警察官か警備員かというと、警察官と警備員の服装は似ているのだが、どちらかというと警察官の服ではないかという感じがするが、警察官がマンションの入口に立ってマンションの警備をするのはおかしい。それも、至近の交番に警察官は常に不在であるのに・・・ということは、警備員なのか? と思っていたら、警察官らしい。そういう変なマンション。地図を見ると、「ライオンズヒルズ上池台」というマンションらしい。「デニーズ」の向かいである。 今もそこに警察官がいるのかどうかはわからない。

   なぜ、あんな所に警察官がいるのだろうと思いましたし、そのマンションの警備をしているのなら、その警察官の給料はそのマンションの管理組合が出すべきではないのかとも思いましたが、もしかすると、「エライ人」がそのマンションに住んでいたのかもしれません。大田区では、田園調布・山王・久我原の3つが「高級住宅地」だと、大田区の不動産屋は言ったのですが、上池台は都内ですから安くはないとしてもその3つほど高い地域ではないし、なにしろ、駅から遠くて便利が悪いし、そのマンションも特別のマンションでもないので、特別に「エライ人」が住んでいるとは思えなかったので、なんで、あんなところに警察官がいるのか、最初、近くに行って確認するほど関心もなかったので、警備員が立っているならわかるが警察官がいるような場所ではないので、警備員と警察官の服装は似ているが、どちらかというと警察官の服のように見えるが、警察がマンションの警備をするのは変だし、警備員なのかなと思っていたら、警察官だったのです。
   渋谷の麻生邸なんかだと、いかにも「エライ人」がいそうな家ですから、そこが麻生邸だと知らなくても、警察官が前の道に立っていると、誰か「エライ人」の家かなという感じがしますが、「エライ人」というのは、「いかにも、エライ人が住んでるぞお~お」て感じの家にいるとは限らないみたいです。 船橋市の野田邸なんて、これは誰もが言うことですが、「総理大臣の家て感じじゃない」「フツーの家」ですから。 野田さんてのが船橋市を選挙区とするおっさんだと知らなければ、なんで、こんな所に警察官がいるのお? て感じがします。時々、近所の西友にオヤツか何か買いに行ってるみたいですけど。 そういったことを考えると、東京都大田区上池台の「ライオンズヒルズ上池台」も、特別の高級住宅地でもない場所にある、見たところ「普通のマンション」ですが、もしかすると、誰か、「エライ人」というのがそこに住んでいたのかもしれません。 もしくは、「怖い人」がいたのか・・・?

   もし、「エライ人」の家の前に警察官が立つ ということになっているのなら、マンションというのはマンションの通路や階段・エレベーターは「共用スペース」「共有スペース」のはずですから、マンションと道路との境目のマンション敷地に立つのではなく、その「エライ人」か「怖い人」の部屋の前に立つべきではないのでしょうか。 そう思いませんか?
   「エライ人」を守るためにこのマンションの入口に立っているというのであれば、このマンションの一般住人からすれば、なにゆえ、自分たちは、始終、警察官から見張られなければならないのか、ということになる。 この周囲の住人にとってもそうである。そもそも、国営である警察が継続的に特定の個人を他の国民から守るため行動するというのが良いのかという問題もあるが、SPとしてその「エライ人」について動くのなら、「人」について動くならまだしも、建物について他の国民を見張るのが良いのかという問題もあるが、そして、さらに、その住居のすぐ前にいるならまだしも、その「エライ人」だけが住んでいるわけでもないはずのマンションの前にいるのか、ということになる。 特定の個人の住居の占有スペース内、もしくは、占有スペースと共有スペースとの境界付近にいて特定の個人を守るために常駐しているのならまだしも、特定の個人の住居からいくらかでも離れた場所において特定の個人を守るために常駐して見張っているというのは、警察のあり方としておかしくないか。 違うか。 特定の個人に随行するか、その個人の住宅のすぐ前に詰めるかでなく、一般の場所において、その個人に随行しているわけでもなく、特定の個人とそれ以外の国民とで特定の個人の側にたって警察官が存在しているというのでは、そういう警察のあり方は国民として認めるべきではないのではないか。そういうあり方は警察・警察官のあり方として正しいあり方ではないのではないか。
   もし、「エライ人」か何かがそこに住んでいるから、常に、特定のマンションの敷地内にガードマンボックスのようなものを置いて、常にそこに立っているというのでなかったのなら、なにゆえ、至近の交番は常に警察官は不在であったにもかかわらず、特定のマンションの入口に常に警察官がいたのか、ということである。 どう見ても、不自然である。

   どんなマンションであれ、警察官がいなくて「御用の方はこの番号にお電話ください」と書かれて電話機があるだけの「交番」があって、その至近のマンションの前にガードマンボックスみたいのがあって警察官が常にいたというのを見ると、ケーサツというのは、一般市民よりも「エライ人」の為に存在するのんかいなあ~あ・・・とか思いそうになりますね。(そんなもん、当たり前やんけ! 今さら、何いうとんねん、てとこかもしれませんが。) 
   又、「エライ人」の家の前に、常に立っている警察官というのは、いつしか、「自分は、一般市民から『エライ人』を守るのが役目だ」とか、「一般市民から『エライ人』と自分たち警察官を守るのが自分の使命だ」とか思いだす、ということはないでしょうか。 ありそうな感じがしませんか?


   もしも、交番が交番ではなく観光案内所か何かなら、「御用の方はこの電話で・・・にお電話ください」と書いて電話機が置いてあるというのでも悪くはないと思うのですが、交番というのは、ともかく、交番に駆け込めばと思って逃げて来る人がいる可能性だってあるわけです。 そう思って交番に行くと、「御用の方はこの電話で・・・・にお電話ください」と書かれた紙と電話機があるだけ・・・では、それでは交番にならないのではないか、という感じがしますが、もともと、ケーサツなんてのは、市民の安全を守るために存在するわけではないので、電話なんかせんほうがよろしい! てところかもしれませんが、そうも言ってられない時だってあるわけです。

   「工事中」とか工事中じゃなくても、警察官がいないという交番、それも、特に付近で事件があって出かけていないのではなく、日常的に警察官がいない交番が少なからずあるというのは、困りもので、そんな「交番」なら、むしろ、最初からない方が市民にとってよいくらいではないでしょうか。
   それと同様に、どこにあるかわかりにくい、交番なのか何なのかわかりにくい、という交番はどんなにデザインの良い建物であっても交番としては困りもののはずです・・・・が、そういう交番が最近多いように思います。
〔  ついでに、警備員(ガードマン)と警察官の違いは、似た服を着ているので見ただけではわかりにくいのですが、話してみると、「態度が悪い」、「えらそうにしている」のが警察官です。 但し、時々、元警察官の警備員がいますが、そういう警備員は「態度が悪い」「えらそうにしている」傾向があります。 〕

   ・・・・で、景観との調和も考えつつも、そこに存在するとわかりやすくするべきだ、それが何かわかりやすくするべきだ、という点でも、交番と公衆便所は似ている・・・・♪
   なお、上記の地図では、この考え方にのっとり、わかりやすいように、警視庁赤坂警察署赤坂九丁目警備派出所 には 犬マーク をつけておきました。 大田区上池台 の 田園調布警察署 中谷駐在所http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/2/denenchofu/kouban/kouban.htm#nak には、駐在所でありながら、常に警察官はいませんでしたので、犬マーク ではなく、旗マーク です。(1990年代前半のことなので、今も無人かどうかはわかりません。) 逆に、「ライオンズヒルズ上池台」には交番でないにもかかわらず常に警察官がいましたので、犬マーク です。

   あの「ライオンズヒルズ上池台」というマンション、いったい、誰が住んでいたのだろうな?  普段から常に無人である「交番」がありますが、そうではなく、普段は警察官がいるけれども、時として無人の時もあるという交番を見かけます。近くで何かあって出動して不在にした時があったのかもしれません。それに対し、「ライオンズヒルズ上池台」の前は、警察官が不在にしたことはまったくありません。いつでもいました。 一般の交番よりはるかに重視されていたということでしょうか。・・ということは、いったい、何者がそこにいたのでしょうね???
   「はなの舞」「花の舞」「炎」「チムニー」「知夢仁(ちむにい)」などをチェーン展開するチムニー(株)http://www.chimney.co.jp/ では、新しく飲食店の店舗を出店する時には、最寄りの警察署に店長が「サービス券」を持参して、各警察官にひとりひとり配っていたのだが(みかじめ料?)、「ライオンズヒルズ上池台」の向かいのデニーズhttp://shop.dennys.jp/map/21911 も、同様のことをしていたのだろうか? ありそうな感じがしませんか?

   (2016.8.28.)

ー・-・-・-・-・-・-・ー
(YAHOO!ニュース) 2015/10/6(火) 6:08掲載 http://news.yahoo.co.jp/pickup/6176552
警部補が拳銃自殺図る? =署内で宿直勤務中―警視庁
  5日午後9時ごろ、東京都大田区田園調布の警視庁田園調布署で、拳銃の発射音がしたため署員が調べたところ、同署5階トイレ内で地域課の男性警部補(29)が頭から血を流して倒れているのが見つかった。(時事通信)
ー・-・-・-・-・-・-・-
(朝日新聞) 2015年10月6日13時20分  http://www.asahi.com/articles/ASHB605Z9HB5UTIL05F.html
警部補、署内で拳銃自殺か 頭から血、死亡 東京・大田
  東京都大田区の警視庁田園調布署の5階男子トイレで5日午後9時5分ごろ、地域課係長の来島(くるしま)友樹(ゆうき)警部補(29)が頭から血を流し倒れているのを別の署員が見つけた。警部補は病院に運ばれ、約3時間後に死亡が確認された。そばに拳銃があり、警視庁は警部補が自殺を図った可能性が高いとみている。
  署によると、警部補はこの日午後3時からの勤務中で、貸与の拳銃を持っていた。「パン」という音を聞いた署員が駆けつけ発見した。トイレの個室に内側から鍵をかけた状態だったという。
  斎藤辰義署長は、「拳銃による職員の自殺が疑われる事案が発生したことは誠に遺憾。動機等、事実関係については今後、確認してまいります」とのコメントを出した。
ー・-・-・-・-・-・-・-・-

↑ 田園調布警察署 http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/2/denenchofu/
(評価:いまいち)

★ そっくりさんシリーズ・交番と公衆便所
(1)南砂交番(東京都江東区) http://shinkahousinght.at.webry.info/201208/article_8.html
(2)夙川駅前(兵庫県西宮市) http://shinkahousinght.at.webry.info/201407/article_3.html
(3)朝霞台(朝霞市)・御茶ノ水(千代田区)・本郷(文京区) http://shinkahousinght.at.webry.info/201412/article_2.html
(4)一宮交番(千葉県)と裁判所、検察庁 http://shinkahousinght.at.webry.info/201501/article_5.html
(5)安川交番、高山警察署(高山市) http://shinkahousinght.at.webry.info/201510/article_9.html
(6)八丁畷交番・北大手交番(大阪府高槻市)、箕面駅前交番(箕面市) http://shinkahousinght.at.webry.info/201510/article_12.html
(7)赤坂九丁目警備派出所(東京都港区)〔今回〕

★ 警察の恐怖 シリーズ
(1) 落し物は届けるな、犯罪捜査に協力するな! ~ 警察の恐怖(1)―川崎市幸区の警察と 福島県いわき市の警察  http://shinkahousinght.at.webry.info/201204/article_7.html
(2) 日中、男性でも非常ベル携帯は必要かも~警察の恐怖(2)~東京都目黒区の警察、及、営業の安全  http://shinkahousinght.at.webry.info/201206/article_9.html
(3) 警察が暴力をふるう相手は暴力団関係者だけ、警察で暴力をふるうのはマル暴担当刑事だけ、と思いますか? http://shinkahousinght.at.webry.info/201208/article_2.html
(4) 脅迫による強制でも“任意の「巡回連絡」”だと主張する警察―栃木県佐野市の警察(1) http://shinkahousinght.at.webry.info/201208/article_4.html
(5) 110番通報すると警察は来てくれると思いますか? 何分以内に来れば「来た」と言えると思いますか? http://shinkahousinght.at.webry.info/201209/article_4.html
(6) 軽微な盗難ならば警察には届けない方がよい。 警察が個人情報を探る口実を与えるだけ。http://shinkahousinght.at.webry.info/201209/article_6.html
(7) 警察の辞書に「すいません」はあるか? 及、電柱に看板取り付ける者と見物するおまわりはどちらが問題か? http://shinkahousinght.at.webry.info/201211/article_6.html
(8) 「警察の調書」て、どういうものか知っていますか? 信頼できると思いますか?(1)、及、会社の困った人  http://shinkahousinght.at.webry.info/201301/article_1.html
(9) 「誤認逮捕」で警察が「謝罪した」ケースと謝らないケースはどこが違うの? 及、職場の「ひまわり」の傲慢 http://shinkahousinght.at.webry.info/201303/article_6.html
(10) セコム警備隊員の皆さんへ、老婆心ながら忠告いたします。 泥棒さんに暴力ふるうのは慎みましょう。 http://shinkahousinght.at.webry.info/201303/article_7.html
(11)-1 私が体験した取り締まりのための交通取締 [1]千葉市。 取り締まらない労基署、取り締まる警察。 http://shinkahousinght.at.webry.info/201306/article_3.html
(11)-2 私が経験した取締の為の交通取締 [2]栃木県佐野市 「警察なんて要らない」て気持になりませんか?  http://shinkahousinght.at.webry.info/201306/article_4.html
(12)“良心的”な船橋東警察・船橋警察の交通取締、交通違反取締感知レーダーはスグレモノ。船橋の取締ポイントhttp://shinkahousinght.at.webry.info/201402/article_2.html 
(13)女性巡査の「巡回連絡」に警戒せよ!―男性の気持・思いやりを土足で踏みにじる女【中】 http://shinkahousinght.at.webry.info/201406/article_4.html
(14)福島県浜通りの警察。夜道でひとのクルマの中を懐中電灯で執拗に覗くやつら、他。 http://shinkahousinght.at.webry.info/201408/article_1.html
(15)警察は不法侵入をしても免罪なのか?(1)  整形外科患者に思いやりのないミニパト―千葉県船橋市の警察  http://shinkahousinght.at.webry.info/201412/article_1.html 
(16)警察官の不法侵入。法務省庁舎の場合―警察は不法侵入しても免罪か(2) 東京都千代田区の警察(1)  http://shinkahousinght.at.webry.info/201501/article_4.html
(17)警察って、陸運局が持っている車検の際に登録した資料を常時持っているのでしょうか。 http://shinkahousinght.at.webry.info/201603/article_5.html
(18)傷害・器物損壊の加害者と結託して被害者に恫喝を加える佐野警察署警察官。http://shinkahousinght.at.webry.info/201606/article_1.html 【2】【3】
(19)不法侵入・公務執行妨害する丸の内警察署警察官は警笛・トランシーバーで通報するべきだったか http://shinkahousinght.at.webry.info/201608/article_3.html
(20) 「交番」なのに警察官が常に不在だった東京都大田区の田園調布警察署中谷駐在所 と 交番でもないのに不自然に警察官が常駐していたマンション「ライオンズヒルズ上池台」 〔今回〕



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック