マンション住民設計奇妙奇天烈な戸建住宅。戸建住宅を建築する工務店の社長は戸建に住むべきではないか

[第327回]「地方」と都市部、戸建とマンションの住人の感覚の違い による設計思想の違い[4]
【5】 「玄関入るとまずキッチン。 キッチン通ってダイニング。 ダイニング通ってリビングと座敷」という変な戸建住宅はマンションの間取りと一緒。 マンションの間取りしか思い浮かばないアホ設計は戸建住宅の設計をするな!
  「マンション住まいの人間に戸建住宅の設計をさせるとマンションみたいな間取りにする」という話がある。 
   東海住宅(株)(http://www.10kai.co.jp/ )の設計の「2級建築士なんだぞお!」のS(なんだよ、2級かよお~お・・・)が設計した家は、「玄関入ったら、まずキッチン。 キッチン脇を通ってダイニング。 ダイニングを通ってリビングと座敷(新壁和室)」という「アホちゃうか?!?」という間取りが大変多かった。 よく、あんなアホに設計させてるなあ~あ・・・というのか、建売屋・不動産屋の設計なんてその程度・・というのか。 東海住宅(株)のシンの設計による家を何軒か見てわかった。 それまで、建築中の建売の家を見て、なんで、建売てこんな変な家になるんだろうと思うものが多かったのだが、それは、建売の場合、請負で建てるものにくらべて土地の広さもかけられる建築費も条件が悪いのでそういうものしかできないのか、それとも、建売屋の設計者は能力が低いからそういうものしか作れないのか、どちらだろうかと思ってきたのだが、前者の場合がまったくないわけではないとしても、基本的には後者の方、 「担当者がアホだから」だということがよくわかった。 可能性として、Sはマンション住まいなのかもしれないとも思ったのだ。 自分がマンション住まいだから「マンションみたいな間取り」しか発想できないのかもしれない、と。

   東海住宅(株)の「2級建築士だぞお」のシンが、なにゆえ、性懲りもなく、「玄関はいったら、まず、キッチン。キッチン通ってダイニング。 ダイニングを通ってリビングルームと座敷(新壁和室)」という、“ バッカじゃなかろか、ルンバ♪” という毎度馬鹿馬鹿しい間取りの家を設計するのかとあきれていたが、マンションの工事現場に行ってコンクリートの躯体段階の所とほぼ完成の所を見てよくわかった。 Sは、要するにマンションの部屋のつながりを戸建住宅に適用していたのだ。 筋金入りのアホだったのだ。
   ↓ を見ていただきたい。
画像

↑ これは、埼玉県蕨市でK土木建築工業(株)が建てた住友不動産(株)の新築マンションの南寄りに位置する東西に長い棟が↑の上の方の図で、その1部屋の間取りが↑の下の方の図であるが、マンションの間取りは、たいてい、こんなものだ。 こういう間取りの取り方しかできないのだ。 戸建てなら、その土地によって条件は異なるけれども、ともかく、四方に窓をとることができるのに対し、マンションは東西に長い棟の中央部の区画なら、東面・西面は全面が壁で窓はとれない。
   南のベランダに面した2部屋が最上のスペースで、その一方にLDK,もしくは、DKをとり、DK,LDKではD、LDをベランダに面したスペースに持ってきたいため、Kは中ほどに行くことになり、結果として「対面式」にせざるをえない。
   窓のない中央部のKと逆の側にトイレ・風呂・洗面脱衣室・洗濯機置き場を持ってくるしかない。そこは昼間でも人工照明しか灯りはとれない。  北の通路よりの2部屋は南のベランダに面した部屋に比べて条件は悪いが、ともかく、窓を取ることができるので、居室を2部屋とることになる。
   南のベランダに面した2部屋分のスペースの一方はDK(もしくは、LDK)とし、もう一方のこの区画では最上の場所に座敷(和室)か、洋間好みの人の場合は、この区画では最も“ ゴージャス ” なリビングルームとなる。
   この配置の時、玄関からどういう経路で入ることになるか、考えてみるとわかる。
1. 玄関を入って、進むと、
→2. キッチンの脇に来る。
→3. キッチンの脇を通って、ダイニングルーム。
→4. ダイニングルームを通って、座敷、もしくは、リビングルーム。
となる。 要するに、東海住宅(株)のアホ設計が性懲りもなく繰り返して戸建住宅におこなっている、「バッカじゃなかろかルンバ♪」て感じの、「玄関入って、まず、キッチン。 キッチン通ってダイニング。 ダイニングを通って、和室(座敷)とリビング」て、アホちゃうか?!? て順番である。 
   マンションの場合、こうするしかやりようがないから、しょーことなしにこうしているのだ。 戸建住宅の場合は、何もわざわざ物好きに、こんな順路にしなくても家は作れるのだ。 マンションよりは、その点で条件はずっと良く、戸建住宅では、少なくとも、玄関→リビング→ダイニング→キッチン という順番の配置にするくらいは、それほど苦労しなくてもできるのに、マンションの順路が頭にこびりついたアホ設計は、マンション仕様の順路で、「玄関入ったら、まず、キッチン。 キッチン通ってダイニング。 ダイニングを通って座敷(新壁和室)とリビングルーム」という、しろうとでもこんなことせんぞ!!! てプランニングをしているわけだ。 「Sさんは2級建築士なんだぞおおお!」とかいうヤツが〔(三流)いっきゅうけんちくしい~い とかいうのを言いまくるおっさんも馬鹿馬鹿しいが、「なんだ、1級じゃないのか」と言われるのがオチとわかっているだろうに、「2級建築士なんだぞお」と言うヤツも相当馬鹿馬鹿しい〕。 ⇒《YouTube―野村監督「バッカじゃなかろかルンバ」(原曲入り) 》https://www.youtube.com/watch?v=ewJ6WwU76Rs



【6】 マンション住民の奇妙奇天烈な発想の戸建住宅。 戸建住宅の仕事をする工務店の社長は戸建住宅に住むべきということはないか?
《A》  さて。 戸建住宅の方を考えます。 千葉県東金市 で、新華ハウジング(有)[建設業][千葉市中央区鵜の森町 ]が、従業員かじ○の知り合いの市原市の不動産屋Kから騙されて、それまでにその分譲地を買って売ろうとした不動産屋が何軒も売れずに挫折して断念して業者に売った土地を買わされて、戸建住宅を建てたのだが、↓この土地に戸建住宅を建てるとすると、どう建てるだろうか。 このブログを読んでくださっている方、あなたなら、どう建てますか。 とりあえず、どう配置しますか? 考えてみてください。↓
画像

   普通は、↓ でしょ。 違いますか?  東側の道路の南寄りは敷地と道路との高低差が小さい。 北側の道路と敷地との間には1階分ほども高低差があります。 北下がりの土地です。 わざわざ、北側から入るバカないでしょ。 南東部、東側の道路の南寄りから入り、カースペースは南側に東西に2台並べて配置するか、道路に近い南よりに1台、東よりに道路と並行に1台とるか。 玄関は南側の東よりか東側の南寄りか、どちらかにするのが妥当でしょう。
画像

↑ 1.北に寄せて建てて、南側をできるだけ開ければ、1階の南側の部屋に採光がとれ、通風も取れます。
2. 南側にカーポートを設ければ、カーポートの分も南側隣家と間隔をあけることができ、その分、自分の家の居室に光を入れることができます。
3. 道路から自分の家に入るのに階段があった方がいいかないほうがいいかというと、ないほうがいいはずです。 東側道路の南寄りから入れば、1段か2段くらいで敷地の地盤面まで行けます。 スロープにすることもできます。 北と東に道路があって、北側の道路とは高低差が大きく、東側の道路とは南寄りでは高低差がほとんどない・・となると、東側の南寄りからアプローチをとるのが王道ですね。
4.南面の東よりか東面の南寄りに玄関を設けると、南面の西よりに比較的プライベートな庭をとることができます。  
5.北側は、せいいっぱいよせて建てても、北側の向かいの家との間には道路があり、北向かいの家は南側に庭を残して建てていますから、北向かいの家との間には距離があります。 また、北下がりの土地で、北側の向かいの家はこの敷地より少し低いので、北側の2階の部屋の窓は、北側の道路いっぱいに寄せても隣家の目の前にくることはありません。
  だから、この配置がベストのはずですし、普通はこうすると思います。
  ロンドンのケンウッドハウス〔ロバート=アダム (1728-92) 設計〕は、北側に通りがあり、北に玄関がありますが、南下がりの土地で南に庭園があり、玄関は北でも南面の外観がなかなかかっこよく(玄関のある北面の外観も悪くありません)、片木 篤(かたぎ あつし)『イギリスのカントリーハウス』(1988.6.30. 丸善 建築巡礼11)でも、地球の歩き方編集室 編著『地球の歩き方 ロンドン 1997~1998年度版』(1997.5.26.改訂7版 ダイヤモンド社)にも南面の写真がでています。この東金市の土地は、ケンウッドハウスと逆に、北下がりの土地で、北側に県道が走っており、クルマを運転して県道から南下してきた時、県道にあるバス停で降りて南に歩いてきた時、まず、北面が目に入ります。 だから、ケンウッドハウスと逆で、玄関は南だが、北面の外観デザインを少々かっこよく考えて作ると素敵な家にな・・・・ったと思いますが。
※《ウィキペディア―ケンウッドハウス》http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9
  ところが・・・・・、
画像

↑ わざわざ、こんな建て方するバカ いると思いますか?  普通、こんなおかしなことしないでしょ。
で、そのありえない建て方をしたのは、千葉市中央区鵜の森町 の 新華ハウジング(有)[建設業]で、私は、工事中に見て、 これはどう考えてもおかしいと思ったのです。 それで、いくらなんでも、この家の設計をした設計事務所にきっちりとそのあたりを話すべきだと、新華ハウジング(有)の社長の長○川に言ってあげようと思ったのです。 ところが、「現場見学会」に、午後に嫁さんと子供を連れて、ジーパンはいてアイスクリームをかじりながら、黒のベンツでやってきた・・・・・と、建築屋の社長としてありえない態度で来た長○川 S二は、このありえない建物を見て、「いい~い、ねえ~え・・・」と口にしたので、アホだ、こりぁ・・・・、と思いました。 社長がこういうのが好きならしかたがない。 しかし、社長の家なら、どんなにおかしな家でも好きに作ればいいが、「モデルハウスということで作って、しばらくして売却する」という前提でのものなら、社長が「いい~いねえ~え」と思う異常な建物ではなく、お客様がいい~いねえ~え♪ と思ってくれるもの、お客様が、な~るほど、こう建てればいいんだあ~あ♪ と思うものを建てるべきなんです。 そう思いませんか?  社長が買うんならこれでもいい~いねえ~え、と思いますが、社長が買うのではなく売るんんですよね。 売るのなら、買う人が、いい~いねえ~え♪ と思うものを建てないとだめです。 これ、普通の人間が見ると・・・・→なんじゃ、こりぁ~あ! とか、バッカじゃなかろかルンバ♪ (⇒《YouTube―野村監督「バッカじゃなかろかルンバ」(原曲入り)  )とか思いますよ。 そう思いませんか?》https://www.youtube.com/watch?v=ewJ6WwU76Rs )
   念のために説明しておきますと、社長の登場のしかたが、まず、おかしいのです。 「現場見学会」なら、
[1] 社長は朝から出勤してそこにいないとおかしいですよね。 な~にを、昼過ぎてから、子供と嫁はんと連れて、ジーパンはいて、アイスクリームかじりながら、見物に来るんでしょう。そこまで余裕のある会社じゃないでしょ。そこまで余裕のある社長じゃないでしょ・・と思うんだけどね。自分が従業員の立場で、その場で苦労しないと、その物件の良さも悪さもわからないと思いますよ。 ちょっと、そのあたりから認識が根本的にずれてないか? 
[2] 土木建築業の会社の社長が、ベンツに乗って来るというのがおかしいですよね。 ドケン屋の社長は、ヤクザさんと間違われないよう、ベンツは厳禁ですよね。
[3] 土木建築業の会社の社長が、「黒塗りの車」に乗って来るというのがおかしいですよね。ドケン屋の社長は、ヤクザさんと間違われないよう、黒のクルマは避けるべきですよね。
(社長に限らず、建築業・土木業の従業員は、痛くもない腹を探られないよう、ベンツと黒のクルマは避けた方がいいはずです。)
   何より、いくらなんでも、こんなおかしな建物配置の取り方、ないでしょ。
1. 北と東に道路があって、北の道路と敷地とは高低差が大きい。 東の道路とは北よりでは高低差が大きいが、南寄りでは高低差はほとんどない・・・となると、普通は東の道路の南寄りからアプローチをとりますよね。 なんで、わざわざ、北の道路から何段も階段を登って上がって、わざわざ、北玄関にしてるの? なんで?
たとえ、若い人が住んでも、歳をいくとともに、なんで、わざわざ、こんな階段登って入らなきゃならんのだ? と思うようになるでしょう。 
2. 北と東に道路があって、南と西は隣地なんです。 この場所は北下がりの土地です。 南と西は今は更地ですが、近いうちに売れて家が建つことが想定されます。南の隣地を買った人は、一般に北に寄せて家を建てて南に庭が残るようにします・・・となると、南側の部屋に自然光を入れたいと思えば、南の隣地との間に空きをできるだけ長くとることですよね。 長くとるためには、南に庭を残すことと、車庫、カーポートは南側に持って来れば、それで、南側の隣家との間はとれますね。 なんで、カーポートを北側に持って行ってるの? なんで? バカじゃねえの?
3. 勝手口戸はあまり見た目が良くない場合が多く、南面はその家の顔であり、南面に勝手口を持ってこないようにするのが普通です。 なんで、この家、わざわざ、南に勝手口を持ってくるの? 北に玄関持って行って。 なんで?
4. そして、北西の隅、北の道路から入るようにカーポートをとるために、北西の隅の部分を切り崩しているのですが、そうなると、西側の隣地との間に擁壁が必要になってきますね。 誰が費用を負担して、誰がその擁壁を作るの?  誰が?
   もともと、この分譲地を造成した業者は、ま~さか、北側を切り崩してそんな場所にカーポートを作るなんて思わなず、北側はどういう擁壁を設けるかはともかく、道路との間は擁壁を作るとして、隣地との間には高低差はなく、擁壁は必要ないという前提でいたわけです。  一般に、隣地に近い場所に穴を掘ったり、切り崩したりする場合、民法では最低1mは空けてくださいと規定しているはずです。 新華ハウジング(有)[建設業][千葉市中央区鵜の森町 ]は隣地との境界線上を切り崩しているのですが、隣地は新華ハウジング(有)にこの土地を売りつけた市原市の不動産屋K栄から千葉県の別の不動産屋Nが買って持っていたのです。 もしも、すでに、西側が売れて家が建ち、住まれているならば、「なに、してくれるんだ」「うちの家を壊すつもりか!?!」ということになります。 境界線上を切り崩されたならば、土はつながっていますから、隣地の土も長いうちにはこぼれていきますし、家が建っておれば傾く可能性もあります。
  西側隣地にまだ家が建っていないのは幸いですが、そうはいっても、もともと、地盤面は同程度であったのに、西側隣地との境界線上を切り崩したとなると、その部分については、擁壁を設けないと、隣地の土は崩れてきます。 擁壁を設ける場合、どの程度の強度のものを設けるかという問題もあります。 「擁壁」と「土止め」との違いについて、一条工務店にいた時、ベテランの営業のKさんは、土を止めることができる強度のものを「土止め」、土を止めるだけでなく、比較的近い場所に家を建てても支えることができる強度のものを「擁壁」と呼び分けていたのですが、Kさんの用語が適切であるのかどうかわかりません。 一条工務店にいた時、けっこう何人もにきいてみたのですが、この用語が世間一般に適切な使い分けなのかどうか、確実に知っている人はいませんでした・・・が、仮にこの用語で考えるとして、西側隣地との境界線上を切り崩したのは新華ハウジング(有)ですから、西側隣地の所有者としては、西側に境界から、外壁の外側が民法上「窓に目隠しを設ける義務がある」とされる1m未満を超えたぎりぎり、ちょうど1m離れたラインに建てる場合、あるいは、民法上「境界線上から離さないといけない」とされている50cm離れたライン上に立てても大丈夫な強度の擁壁を新華ハウジング(有)の費用で設けてください、と請求されれば、法律論理としては、拒否できないのではないでしょうか・・・・・。 その費用はけっこうかかると思われます。
   ・・・・・、そういう問題が発生するようなことを、わざわざ、なんで、すんの?  東道路の南よりから入るようにしておけば、こんな問題はな~んにも発生しないのに・・・・・。 アホちゃう? て思いませんか?
   そんな所にカネをかけるなら、東道路の南寄りから入るようにして、そのカネをほかにかけるべきではないでしょうか。
   もし、北西部の西側隣家との間を、いいかげんな土止め、仮に一時的に土を止めるだけのものでごまかしたとして、西側の土地を買った人が、こういう問題について、それほど良く知らないでごまかされるかもしれません・・・が、西側隣地を買った人がそのあたりをよく知らず、さらに、西側隣地の家を建てる業者もよくわかっていない業者で、大丈夫だろと理由もなく思い込んで何の対策も建てずに家を建てた・・として、地震か何かあった際に、西側の家が上から崩れてきた・・・、その時、この家の駐車スペースにこの家の家族みんながいて生き埋めになった・・・となったら、どうすんの? もう、売っちゃったから、知~らないっ♪ て?????  どこぞの、売り逃げ建売業者みたいなことすんの?  え?

   船橋市の我が家の近所で、アーネストワン(https://www.arnest1.co.jp/ )という会社が8区画の造成をしたのですが、付近の家がゴミ収集場所にしていた所の前にその1軒の家のカーポートを設置したのです。 私の認識では、造成する前に近所に挨拶に顔を出すもので、そして、ゴミ収集所の前から入るようにしたいのなら、近所に、このようにしたいのですが、ゴミ収集所の場所を移動させてもらえないでしょうかとお願いするものだと思うのです。 ところが、アーネストワンは一切、近所には顔を出さなかったのです。だから、今でも、正式にはゴミ収集所はその分譲地を買った1軒の家のカーポートの中央付近の目の前なんです。アーネストワンはもう売って自分の所の所有地じゃないから関係ない、という態度です。 こんな「業者」ありますでしょうか、と私は思ったのですが、あるんですね。
   さらに、工事中ですが、道路上で作業をしたかったなら、ある程度の期間、継続的に道路上に仮設のものを設置したいなら市役所の道路管理課、1日だけ道路上で作業をしたいなら警察署に届けて許可をもらわないといけないはずなのです。 警察から許可が出る場合、たいてい、安全対策のための要員を配置することが条件になるはずです。 ところが、アーネストワンは許可も得ず、安全監視員も配備せずに道路上で作業をして、私の目の前で岩の塊を道路上に落下させたのです。 私がその時、怪我しなかったのは、たまたまでしかありません。 それで、現地にいる作業員に言ってもしかたがないので、アーネストワンの元請の工事担当者に顔を出すように言ってくれと話したのです。 そして、しばらくして前を通る時、その人は「話しておきました」と私に言ったのですが、それでも、アーネストワンは断固として近隣に顔を出さなかったのです。断固として。信念持って。 こんなおかしな建築屋ありますか? 私の認識では、こんなやつを建築屋とは言いません。 実際、アーネストワンは不動産屋・建売屋であって建築屋ではないのです。
   小堀住研(株)にいたとき、日曜の朝から基礎工事をやっていて、ご近所の家にヤクザさんがいらっしゃったらしく、奥さんが体調を悪くして寝てるんで、日曜の朝くらい、工事を休んでくれ、と苦情が入ったということがありました。 挨拶に行った工事担当者は、ずいぶんと怖がっていたようですが、こんこんとお叱りをうけたそうです。小堀住研(株)みたいなあんないいかげんな会社でも、一条工務店みたいなあんなでたらめな会社でも、野中の一軒家とかでない周囲に家が建っている住宅地では午後6時頃には作業は終わりにします。 ところが、アーネストワンは、毎日毎日、午後8時半までトンカントンカンと音を建てて作業を続けるのです。 特に日程が迫った日、1日2日はしかたがないとしても、毎日毎日はそれはないだろうと思いましたが、工事担当に挨拶に来るように言ってくれ、と言っても、結局、最後まで顔を出さず、最後まで、毎日毎日、午後8時半まで音を建てて作業を続けました。近所にひと言の挨拶もなく。 東海住宅(株)に入社した時、この話をしたところ、東海住宅(株)のおばさんが言うには、「それは、アーネストワンのいつものやり口よ。 近所に挨拶に顔を出したら文句を言われるでしょう。だから、絶対に近所には顔を出さないで、大急ぎで建てて大急ぎで売って逃げるのよ。 それを繰り返すのがアーネストワンのいつものやり口よ」ということでした。 はあ~、そんな業者があるんですね。 さらに、完成後、入居者が「建てた業者(アーネストワン)に頼んだ」として出入口の階段付近の工事をやり直しているので、来ている人間に、「あんたら、これだけの工事をやるのに、近所に挨拶にも顔を出さないでやるのか」と言ったところ、何と言ったと思いますか。 その連中は。 「うるせえ、 挨拶になんか、行く必要ねえ。この野郎」。 そう言ったのですよ。怖いですね。 「建てた業者」というのは、(株)アーネストワンという会社です。 私、この会社、カタギだと思ってませんからね。

  それで、新華ハウジング(有)も、西側隣地との境界をいいかげんにして、「アーネストワンみたい」に「売り逃げ」するのか?  「売り逃げ」するつもりだったのか・・・・・?
  私は、自称工事責任者のU草A二に、「西側の境界は、あのままでは西側の土地の土が崩れてきますし、あのままでは西側の土地に家を建てられませんが、どうするつもりなのですか。」と確認してみたところ、U草は「どうなんでしょうね」と言うのです。 「どうなんでしょうね」て、何、それ? どうするかも考えずに工事始めたのかあ???  はあ~あ?
  で、自称工事責任者のU草は、私に「どうすればいいと思いますか」と言うので、「今、私にきくものじゃないでしょ。 どうするつもりで工事を始めたのですか」と言ったのですが、U草は「さあ、どうするもんでしょう」と言うのです。 「うちで費用を出して擁壁を作るんですか」というと、U草は「さあ~あ。 うち なんでしょうねえ~え」と曖昧な言い方をするのです。 なんだい、それは?  それ、建築屋のすることかあ? 建設業の許可もらっている業者のすることかあ~あ? 一級建築士事務所と名のっている建築士が設計したはずだが、その「一級建築士」さまは、どう考えてこの家、設計したんだあ???

   それで。 まず、1~4 で述べたように、↑この配置、このアプローチの取り方、カーポートの取り方がおかしいのです。 この土地で、どこの誰が、わ~ざわざ、余計なカネかけて、北から入ろうとしますか。 どこの誰が、わ~ざわざカネかけて北にカーポート作ろうとしますか。 南側にカーポートを作れば、道路と高低差がなくて作りやすいし、カーポートを南側隣地付近に造れば、南側隣家と間が開いて、南の部屋の採光がよくなるんですよ。 なんで、こんなおかしな配置で建てるの?????
   そのあたりを、設計した設計事務所にきっちりと指摘しないといけないと思ったのですが、社長が「いい~いねえ~え・・・」とか言っているので、これでは・・・と思ったのです。 なんで、こんな変な家を「いい~いねえ~え・・・」なんて思うの? 自分が住まないから? どうせ、人の家だあ~あ・・・とか思ってるわけ?
   ひとつには、社長の長○川 S二がマンション住まい というのが問題です。 なんで、木質系の住宅を建てている工務店の社長がマンションに住んでるの? なんで? なんで、自分の工務店で建てて住まないの? なんで、自分の工務店で建てた家に住んで、どこが良いどこが悪いと考えようとしないの? 『買ってはいけない』(週刊金曜日)には、「山崎パンの社員は山崎パンを食べない」とかいう話が出ていたが、「新華ハウジングの社長は新華ハウジングの家には住まない」ということなの? それで、おのれは自分の会社で建てた建物には住まずに、私ら従業員には「親戚の契約とってきてよお」とか恐ろしいこと言ってるわけ?  なんか、「しまいに、刺されるぞお」という感じすらしてくる・・・・。

   自分の会社で建てた家に住まないとは、なんたることだ!?! ということもあるのですが、戸建住宅の仕事をしようという会社の社長がマンションに住んでいるということが、まず、おかしいのです。 新華ハウジング(有)の社長の長○川さんが住んでいた海浜幕張のマンションは、けっこう高いマンションではないかと思います。 かつては、戸建住宅とマンションなら戸建住宅の方が高級住宅という時代がありましたが、今はそうでもありません。 マンションでも戸建より高いマンションはいくらでもあります。どちらが高級住宅ということはありません。 社長の長○川さんが住んでいた海浜幕張のマンションは、いいかげんな戸建住宅より十分高いはずです。さらに、ベンツに乗る余裕があるなら、そんな贅沢クルマ、売り払ってでも、たとえ、つましい家でもいいから戸建住宅を購入して住んでみるべきです。 購入しないなら、借りてでもいい。 マンションの仕事をしようとするならマンション住まいでもいいが、戸建住宅の仕事をしようとするなら戸建住宅に住むべきです。
   1. マンションは、その区画を敷地の中でどのように配置しよう、ということを考えない。
2. マンションでは、ベランダ側と通路側だけに採光のとれる窓がある場合が多く(棟の端の区画で、ベランダ側と通路側ともう一方、窓がとれる区画もあるが)、自然の採光は十分に望めない場合が多く、それに慣れてしまった人には、戸建住宅の間取り、設計を考える場合も、自然の採光を考えずに設計する人がいるらしい。
3. マンションでは、その土地が道路との高低差がどうなっているかによって、その区画の間取りを変えるということはない。 だから、そういう発想もない。
4. マンションでは、道路からどういうアプローチをとるのが妥当かという発想はない。 道路から階段で何段も登るのは、仕事から通勤に時間をかけて帰ってきた時にはうんざりするとか、足を怪我したりした場合、何段も登るのは大変とか、若い頃はよくても歳をいくとつらくなるとか、何段も階段を登らないと入れない家には年寄は来なくなるとかいう発想はない。 マンションはその階までエレベーターがある。
5. マンションでは、その区画の中、専有部分をどうしようというリフォームはできても、クルマの駐車場所をどうしようという発想はない。 カーポートを南に寄せれば、南側隣家との距離を確保できるので、南に寄せてカーポートを設けた方が、南側の部屋の採光がとれる・・という発想もない。
6. マンションでは、自然の通風をあきらめてしまっているケースが少なくない。 逆に、高層のマンションではベランダ側は強風で、戸建ての家の通風とは事情がまったく違う。 戸建てのように自然の通風で生活するのではなく、エアコンで生活するのが普通という感覚になってしまっている人がいる。
7. マンションでは、庭をどうするかという思考は基本的にはない。 戸建住宅でも、それほど広い敷地でもなければ庭も広くはとれないかもしれないが、そうはいっても、「地べたがある」「土の部分がある」というのは大きな違いである。 金魚を飼っていて死んでしまったらどうするの・・・・。 マンションで金魚を飼って死んでしまったら、ゴミ箱に捨てるの?  戸建の家で、ほんのわずかでも土の庭があれば、大事な金魚さんが死んでしまったなら、そこに埋めてあげることができる・・・というだけでも戸建の家はいい・・はずなのだが、たとえ、小さい、ほんの小さい庭でも、逆に、ほんの小さい庭だからこそ、戸建てにはどうしようかという思考があるが、1階で「専用庭」がある区画でも、目の前には塀があって上の階にはよその家が住んでいる「専用庭」は戸建の庭より面積で広くても戸建と同じ意味での「庭」とは言えない・・・が、そういうものしか知らない人には、「埴生の宿も我が宿」と「小さきながらも楽しき我が家」という戸建住宅の発想を考えることができないのかもしれない。
   だから、マンションにはマンションでいいところがあるのだかれども、戸建住宅の仕事をしようという人は、できる限り、戸建住宅に住むようにするべきなのだ。  戸建住宅を扱う工務店の社長が海浜幕張のマンションに住もうというその発想がどうも理解しずらい・・・・。  そう思わないか?


《B》   東金市の戸建住宅は、べた基礎の下の土がけずられ、空洞になった状態で長く放置されていた。 私が「あれ、早く対処した方がいいですよ。とりあえず、私がスコップで下に土を入れてきていいですか」と言っても、自称工事責任者のU草は「こちらでやりますから、やらないでください」と言って、そのまま何もやらない。 しばらくして、「あれ、どうもしないのですか。あのままでは良くないですよ」と言っても、「やります、やります、すぐにやります」と言って、いつまで経っても何もしないでそのまま。 そのうち、近所の方から、「それ、大丈夫なのお、危なそうだねえ」とか言われる始末で、「とりあえず、見た目もよくないので、土を埋めるだけでも私が埋めてきていいですか」と言うと、U草は「いや、こちらでやりますから、やらないでください」と言って何もしない。 このブタ、言っても、「やります、やります、すぐにやります」と言って絶対にやらないというのでは、言うのもいいかげん嫌になってくるのだが。  べた基礎の底の部分というのは、鉄筋コンクリート造の建物の床スラブのような強度はないはずだ。 下ががらんどうになった状態で長くそのまま放置して良いとは思えないし、客商売の会社で自社の建物がその状態であって商売しやすいわけがないのだが、「こちらでやりますから、手をださないでください」と言って、絶対にやらない。 結局、U草は建物完成までやらなかった・・・・が、まさか、社長がマンション住まいだから、鉄筋コンクリート造の建物の「床スラブ」と同じだと思ってしまったのではないだろうな・・・・・・?

☆  なお、この千葉県東金市 で、千葉市中央区の新華ハウジング(有)[建設業]が建てた家については、撮りに行かなくても写真は手元にあるし、正確な住所もわかっているが、すでに、一般の方が買われて住まれている為、入居者の方に気の毒なので、ここでは、写真は出さず、詳細な住所は書きません。
    (2015.4.16.)

☆  「戸建住宅の敷地内での家の配置と間取りの取り方」及び「マンション住民の人間にわかりにくい戸建住宅の特徴」シリーズは4部作。 
1.[第322回]《北道路で南玄関の家。都市型間取りと地方型間取り。家は南に向けて建てるべきか境界線に平行に建てるべきか 》http://shinkahousinght.at.webry.info/201503/article_6.html
2.[第325回] 《なぜマンションのキッチンは対面式か。「最近はキッチンは対面式と決まってる」か?》http://shinkahousinght.at.webry.info/201504/article_3.html
3.[第326回] 《マンション住民は、戸建住宅のどういうところを理解できないか。軒と雨戸の効用。軒の出は配置図の基礎》http://shinkahousinght.at.webry.info/201504/article_4.html
4.今回。《マンション住民の奇妙奇天烈な戸建住宅。 戸建住宅の工務店の社長は戸建に住むべきということないか》 


口語民法(新補訂2版) (口語六法全書)
自由国民社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 口語民法(新補訂2版) (口語六法全書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

株式会社アーネストワン 違法工事
2015年09月24日 05:15
株式会社アーネストワン 違法工事

株式会社アーネストワン、つまり飯田グループの建物は嫌われています。
口コミや評判も調べれば分かるかも知れませんが不評ですしアフターフォローもありません。

株式会社アーネストワンの工事は工期を短縮する為なのか乱暴ですし雑ですし違法工事が多いです。
実際に、建て終わると見えないからって、あちこち傷らだけです。
しかも自分の会社から出して来た「工事内容を」を守る事がありません。

・位置指定道路なのに道路使用許可証が要らないと
●関東第1ブロック ブロック長 藤﨑亘 TEL:080-6502-3426 E-MAIL:w-fujisaki20100@arnest1.co.jpと
●本店 工事1課 戸建事業部 課長 小松﨑正人 E-MAIL:komatsuzaki10100@arnest1.co.jp
が言って来たが法律も知らない愚かさが窺えます。

・位置指定道路は住民の承諾書がないと工事車両を入れられないが取得していない。
・位置指定道路は住民の承諾書を取り付けた後に道路使用許可証も取得しないと工事出来ないが守る事はない。
・道路使用許可証も取らない事に苦情が入ると警察署を騙して無理やり取得する。

・道路使用許可証を取得しても許可条件を守らない株式会社アーネストワンには意味がありません。
坂本剛章警部補交通規制係長や尾下警察官は許可条件を守らない実態を把握して、
次の更新からは住民全員の承諾書を書面で貰わない限り許可証を出さないと約束してくれる。
約束してくれても株式会社アーネストワンは口だけなので善処されず道路使用許可証の更新を違法に続ける。
株式会社アーネストワン 違法工事
2015年09月24日 05:16
・株式会社アーネストワンは4mしかない道路で交差点・曲がり角だから当然に駐停車禁止なのにも関わらず
違法に駐車して工事を続ける為、危険だし交通妨害を生じさせている。

・許可条件は9時から17時なので工事も許可条件に合わせるべきだが守られる事はありません。
まだ薄暗い朝の6時から大型トラックを入れてガタガタと作業していて不審者のような行動をとる。

・道路にはこの工事業者が使用したビスが散乱して住民の車のタイヤをパンクさせる。
・職人が材料を投げたり、乱暴な掃除をしたり、資材を養生なしで切断したりして粉塵を舞わせて300万円も掛かってる住民の車を汚す。
・住民達の共有財産を乱暴な工事で傷付けておいて直さない。
・建物自体、傷付いたり割れている所があるが目隠して仕上がると見えない所は誤魔化す。

・職人が違法に他人の土地に侵入して作業している。
・職人が作業の際に音楽を大音量で掛けて作業していて、近隣住民は頭痛が生じている。
・近隣には小さい子供さんもいるし、通学路でもあり小中学生、通勤時間帯は避ける話を株式会社アーネストワンがしていたが守られる事はありません。
・宅配がないと生活が出来ない人もいるが株式会社アーネストワンの工事車両の違法駐車の為に宅配業者が入って来れない。

・骨折していて手術後でもあり、振動や騒音が痛みとして増してしまう人もいる点や、家族を偶然にも工事前後で亡くしてしまったばかりで悲痛な人や
音に敏感で耐えられないけどその所に居ないと生活が出来ない障害を持っている人がいる等々の状況にも関わらず配慮せず上記の違法な工事をする。
株式会社アーネストワン 違法工事
2015年09月24日 05:17
指摘したら「それがなんか困るんですか、何が悪いんですか」って
●本社 三多摩ブロック 生産事業統括部 工事長 田嶋康二 TEL:080-6551-7765 E-MAIL:k-tajima03400@arnest1.co.jp E-MAIL:taji-ko.3ezweb.ne.jp
は、言って全く反省もせず管理もせず口だけは「きちんと管理します」と言いつつも職人だけの目茶苦茶な工事が続けられ何も改善されません。

電話しましょうかと
●本店 工事課 生産事業統括部 部長 古谷規剛 TEL:080-6667-9342 E-MAIL:n-furuya67500@arnest1.co.jp E-MAIL:furu-nori.3@ezweb.ne.jp
は、言うだけで、善処しないから電話をもらった所で話しにならない。

名前だけの現場監督で管理しないから上記の問題が生じているが
●本店 工事課 生産事業統括部 副所長 山田真紀 TEL:080-5908-3867 E-MAIL:m-yamada49110@arnest1.co.jp E-MAIL:yama-maki.3@ezweb.ne.jp
は、法律も建築のイロハも分からないから、何が問題なのかも考えず対応が後手後手で先に進まない。

事故になる事が分かっていながら車を動かして轢き逃げ事故、つまり未必の故意の傷害事件を
●本店 工事課 生産事業統括部 今井千秋 TEL:080-9345-5185 E-MAIL:c-imai@arnest1.co.jp E-MAIL:ima-chia.3@ezweb.ne.jp
は、起こして且つ反省もせず謝罪もせず対応が不誠実である事から、悪質な轢き逃げとして取扱いされている。

株式会社アーネストワンは毎日、警察沙汰を起こしており実際に警察対応が頻繁に行われている。
株式会社アーネストワン違法工事
2018年09月10日 07:13
株式会社アーネストワンは公正取引委員会から勧告される悪徳業者です。
これで分かると思うけど、株式会社アーネストワンは、不祥事が多いですね。

https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h27/dec/151222_2.html

この記事へのトラックバック