慎腹風呂愚

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスが来ると思いだす事(上)自分の分はなかったケーキ。子供独善主義の母子。自分さえよければ女

<<   作成日時 : 2015/12/18 16:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

[第373回]クリスマスが来ると思いだすこと3つ(上)、営業と会社の話(82)
   クリスマスが来ると思いだすことで職場に関するものを3つ述べる。
【1】 2000年代初め、在来木造の一条工務店の栃木県佐野市の営業所にいた時のことだ。 前年に契約してもらった契約客で、12月に完成して引渡しという方があった。 同社は都道府県によって、浜松の(株)一条工務店が営業し施工している地域とそれぞれの地域の工務店・材木業者などと共同出資会社を作って運営している地域があり、栃木県は浜松の(株)一条工務店が運営していたが、群馬県は「(株)一条工務店群馬」という共同出資会社が運営していて、佐野市の展示場には渡良瀬川をはさんだ南隣の群馬県館林市から来てもらえる見込客がけっこうあった。 共同出資会社にもうまくいっている所とそうでもない所があり、群馬県の(株)一条工務店群馬は、その頃、比較的うまくいっていた会社で、栃木県内の住人と群馬県の住人では群馬県の住人の方が「一条工務店」に対しての評価は高く、佐野展示場など栃木県の(株)一条工務店の住宅展示場に来場された方で群馬県に建てようという方は、栃木県内の(株)一条工務店の営業が契約まで持っていけば、そこから後は(株)一条工務店群馬の担当者が引き継いで作業を進め、引き渡しまで持っていってくれた。2000年に契約いただいた群馬県館林市の方の引渡しがこの12月にすんだと(株)一条工務店群馬の引き継いだ営業から連絡をもらい、最初に担当させてもらって契約いただいた営業として、年内に一度は挨拶に顔を出しておきたいと思ったが、なかなか時間がとれず、とうとう12月の24日になった。 住宅建築業の営業は、12月は「新たな見込客宅には、特にお客様の方から希望されたのでなければ、訪問できるのは、基本的にはクリスマスまで」というのが基本であり、クリスマスより後で訪問しても喜ばれないことが多く、嫌がられてしまったのではかえってよくない。契約客の場合は見込客よりは許容されるとしても、あまり年末の訪問は喜ばれない。もしも、はっきりと何かを打ち合わせるということではなく、挨拶に顔を出すということなら、クリスマス以降に訪問するくらいなら、年始に顔を出した方がよいくらいであるが、工事が終わって12月に引き渡したという場合、12月中に挨拶に顔を出すのと年が変わってから行くのとでは、年内に顔を出しておいた方が良い。
   それで、年内に顔を出しておきたいと思ったのだが、24日のクリスマスイブの日しか行ける日がなくなってしまった。 それより後に行くよりも、単に挨拶に顔を出すだけなのでクリスマスイブでも「クリスマスまで」に行っておいた方が良いであろうとは思ったのだが、クリスマスイブの日に手ぶらで訪問するのも訪問しにくい。 それで、そのお客様に契約いただいたことから歩合給をもらっているのであり、また、訪問した時には、たいていのお客様はお茶くらいは出してくださるのであり、そのお茶は誰の腹の中に入るのかというと私の腹の中に入るのだからと思って、それで、佐野市浅沼町にあった佐野展示場の近くに、おいしそうなケーキ屋が1軒あったので、そこで、特別に高くないクリスマスケーキを入居祝いとして持参して訪問した。 契約担当の営業といっても、契約後は(株)一条工務店群馬の担当者にやってもらった契約時だけの営業だったが、それでも、ご入居おめでとうございますと訪問したことについて喜んでもらえた。
   千葉市中央区鵜の森町 の新華ハウジング(有)〔建設業〕・ビルダーズジャパン(株)〔不動産業〕・ジャムズグローバルスクエア(株)〔不明業〕の社長の長谷川が、「人脈つくるんだよ、じんみゃくう〜う」と叫んで右翼団体(倫理研究所=倫理法人会)の集会に参加して右翼人脈の形成に努力し、一方で、従業員に給料を遅払い、業者に代金を遅払いが常習、かつ、それでいて社長と社長の嫁と社長の子供だけ従業員が働いている最中にハワイにバカンスに長期行くということをしていたが、そういった「じんみゃく作るんだよ、じんみゃくうぅ〜う」という意図的であさはかでそれで利益をもらおうというのがみえみえの態度、かつ、一方で、人間的なつきあいをおろそかにする態度というのは、見る人間が見れば、こいつ、何だ!ということになってかえってよくないと思うのだが、そうではなく、契約客のお宅が完成して引渡し入居されたという時に、契約時の営業担当としてともかく顔を出すという姿勢は、そのお客様が見込客を紹介してくださるとかいったことが特にあってもなくても、挨拶には顔を出すという姿勢が長い目で見て営業にプラスになると考えてきたし、そうであると今も思う。
   クリスマスケーキまで買っていくことはなかったかもしれないけれども、そうはいっても、12月24日に、夜ではなく昼の訪問といっても、手ぶらで行くわけにもいかないと思って、佐野展示場の近くのケーキ屋でケーキを買って訪問したが、喜んでもらえたのでよかったと思う。
   しかし、夜、佐野展示場に帰って来て、今年もそろそろ終わりだが、今まで、特別の聖人ではないとしても特別に悪いことをしてきたわけではないが、あんまりいいことなかったけれども、自分用にケーキを買ってアパートに持って帰ってひとりで食べようかと思って、佐野市浅沼町の佐野展示場の近くのそのケーキ屋に行って見たところ、もう、ケーキは、なかった・・・・。
   イタリア映画『恋愛マニュアル』(日本では『イタリア的恋愛マニュアル』)では、4番目の話として、長年、小児科医をやってきた男が、ひとの子供を相手にして仕事をしてきて、ふと気づくと、自分に子供がなかった・・・、俺はいったい何をやっているんだ、と思うという話がある。 そんな気持ちだった。 長年、ひとさまの家庭(ホーム)のための家(ハウス)を作る仕事に従事して、お嫁さんを持ち子供ができる、できたという人の家づくりに協力してきたが、ふと、気づくと自分に家庭(ホーム)がなかった。

イタリア的、恋愛マニュアル [DVD]
Happinet(SB)(D)
2008-01-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イタリア的、恋愛マニュアル [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


   

【2】 2002年、山梨県上野原市にいた。 その当時は、上野原町だったが「平成の大合併」で上野原市になった。 酒饅頭が名物の町でなかなかおいしい。 長年、滅私奉公してきた(株)一条工務店で、見当違いないやがらせを経営者から受けて、嫌がらせのために上野原市にあった「西東京工場」に勤務させられ、タイルや御影石など30キロクラムから40キログラムほどあるものを朝8時過ぎから夜11時、12時まで運ぶような仕事をさせられ、その結果、腰と肘を痛め、今も治らない。又、工場は作業環境が悪く粉塵が舞い、気管を悪くしてこれも今も治らない。 これは、(株)一条工務店の経営者が意図的に私に怪我をさせようとしてしたものであり、「労災」というようなものではなく傷害罪に該当する行為です。
   私は11月が誕生日だった。 「誕生の日を祝う」というのは、幼稚園や小学校の頃は、「ひとつ大きくなったことを祝う」という意味にとらえて、早くもっと大きくなるといいね・・というものだったが、ある程度以上の年齢になると、年齢がひとつ増えるというのはうれしくもなんともない。 しかし、「誕生の日を祝う」というのは、本来、歳がひとつ増えたということを祝うというものではないと思うのだ。 『旧約聖書 ヨブ記』では、ヨブが、特別に悪いことをしてきたわけでもないのに、財産を失い、子供を失い、そして、健康を失い、妻からは「神を呪って死ねばいいのに」と言われ、親友3人はわざわざやってきて、ヨブがこんな目に合うのはきっとヨブが何か神の前に悪いことをしたからに違いないとか言い出す。 さらに「説教者エリフ」とかいう関係のない若造までやってきて、神が間違っているということはありえないのに、ヨブは自分が正しいと言い張るのがいけないのだとか「説教」しだす。 ヨブは、ついに、おのれの生まれた日を呪う。 自分が生まれた日は消えてなくなれ・・と。生まれなければよかったのに、と。
   11月、今まであんまりいいことはなかったけれども、たとえ、そうであっても、自分が生まれた日を呪うのではなく祝おう、と考えて、上野原の不二家にケーキを買いに行った。 ところが、店の奥に人がいる気配がありテレビがついているのだが、「すいませ〜ん」といくら呼びかけても出てきてくれない。 しばらくして、私よりひと回り若い母親に子供が二人連れらてて3人で入ってくると、その子供連れは何も言っていないのに、奥からおばさんが飛んで出てきて「いらっしゃ〜い」と。 そして、前から待っている私を無視して子供に愛想しだしたのだ。
   その母+子2人はパパの誕生日にお祝いのケーキを買おうと思って来たらしい。 不二家のおばさんは、ケーキの上にのせる板状のクッキーだかチョコレートだかに文字を入れることができると話し、子供2人が「なんて入れてもらおう」と言うと母親が「『パ〜パ』でいいんじゃない」と言い、そして、「パ〜パ」と文字を入れてもらって子供連れはケーキを持って帰った。私よりひと回り以上若いパ〜パのために。「パ〜パ」のためにケーキを買って帰ろうとういう母親と子供には先から来て待っている男がいても視野に入らないらしい。さらに、子供連れが購入を終わった後も、不二家の店員は先からいる私が待っていてもおかまいなしに子供に愛想を振りまき続け、子供連れの母親も「待っておられる方おられるのと違いますか」とも言わず店員とはしゃぎ続けた。
   「パ〜パ」と文字を入れてもらって親子連れが出て行った後、前から来て待っている、そして、何度も「すいませ〜ん」と呼びかけたにもかかわらず出てきてもらえず待ち続けた私に、やっと、店員のおばさんは相手にしてくれた。 しかし、「パ〜パ」のために子供連れが買ったケーキと同じくらいの値段のものを買ったのに、私には不二家上野原店の店員は文字を入れましょうとは言ってくれなかった。 子供のある者に対してと、すでに結婚していて悪くないはずの年齢なのに神さまはお嫁さんをくださらない者にとは、不二家上野原店は対応を変えるらしい。 
   そして、それなら、まあいいわと思ってお金を払ってケーキを受け取り、そして、「クリスマスケーキの予約承ります」と書かれたチラシが置いてあったので、「クリスマスケーキって・・・」とそれについて私が話しかけた時、次の客が入って来たが、すると、私は不二家上野原店からよっぽど嫌われていたらしく、話している私を無視して次の客の方に愛想をふりまきだした。・・・二度と、こんな店、来るものか! と思った。
   そして、2002年のクリスマスには、ケーキなど買いたいとも食べたいとも思わなかった。 おそらく、あの子供連れの母親は、今度もまた、「パ〜パ」と一緒に食べるケーキを買いに子供二人を連れて不二家に行ったのではないか。 そして、私のように先から来て待っている客がいても、子供連れは優先されるのが当然という認識で先に買って帰ったのだろう。 そして、「パ〜パ」と子供2人と4人で仲良く聖夜を過ごしたことだろう。 メリークリスマス。 地獄へ落ちろ!
   その後、私が上野原を去った後、インターネットで見ていると、不二家上野原店は閉店したと出ていた。 ざまあみろ! と言うべきものでもないのかもしれないが、ざまあみろ、という気持ちだった。 営業の仕事を長くやってきた者としては、あのような接客、あのような営業をやる店が繁栄したのでは反社会的だと思う。その意味では、つぶれてよかったと思う。 メリークリスマス。

   男性は女性に不愉快な思いをさせられた時に、「女だからしかたがない」ということにして許すことがあります。 「女だからしかたがない」というのは理屈としては何もないのですが、でも、男性の気持ちとして、いいにしてあげようという気持ちになる時があるのです。 とても、不愉快な思いをして楽しいわけではないのは間違いないのですが、「しかたがない」ことにする場合がある。 しかし、それにつけこんで、それがまかり通るものだと思ってしまう女性とその女の夫、その女の子供というのは、それで良いはずはないのです。不二家上野原店に来た子供連れの母親(30代か?)も自分たちより前から待っている客がいるのは眼には見えても心には見えなかったのでしょうね。 そんな人は、「営業に向いている」と思いますか、「営業には無理」と思いますか。 「人を押しのけて自分の利益をはかる積極性がある」などと、そんなこと言いますか? 私は違うと思いますね。傍若無人、自分たちさえよければ、他の人間が不幸になったってかまわない、という唯我独尊の姿勢は、営業に向いているのか向いていないのかというと、私は向いていないと考えるべきだと思いますね。
   千葉市中央区鵜の森町 の新華ハウジング(有)〔建設業〕・ビルダーズジャパン(株)〔不動産業〕・ジャムズグローバルスクエア(株)〔不明業〕で、社長・長谷川の妻の友人だとして2011年4月に縁故入社したT口 恵は、住宅建築業の営業は、見込客発掘・チラシのポスティングから追客・契約から引渡しまで全般の仕事で、T口のために、それまでは用意してもらえなかったカラー刷りのチラシを大量に印刷してもらっても、それを自分でポスティングせずに、おのれは「子供があるんですからねえ」と定時に帰宅して、担当外の従業員に労基法違反の時間外労働・無賃労働でさせていたが、私も、困った女だなあと思い、そういうどうしようもない新人でも自分が勤める会社が採用した人である限り、なんとか仕事をさせてやらないといけないのだからと思って、相当無理をして時間外に無賃労働でポスティングをしたりもしましたが、そうやって無理をしてやってやると、やってもらって当たり前と思ってしまうようで、そう考えてしまうようなら、やってあげると、むしろ、それは本人のためにならないと判断するようになりました。T口 恵の夫のウルトラばか男も自分たちが新華ハウジング(有)・ビルダーズジャパン(株)の周囲の従業員に迷惑をかけていること、周囲の従業員の労働に対する賃金を自分たちが横取りしていることを理解せず、やってもらって当たり前と考え、そして、周囲の従業員にも、子供がある人、子供が欲しいと思いながらできずにいる人、結婚して子供も欲しいと思いながらふさわしい相手とめぐりあうことが出来ずにいる人がいるのに、そういう人たちに、T口の担当でT口が報酬をもらっている仕事を労基法違反の時間外労働・無賃労働でさせ、T口は「子供があるんですからねえ」と定時に帰宅して、その上で、他の従業員で子供がある人、子供が欲しいと思いながら子供ができずにいる人、結婚して子供も欲しいと思いながらふさわしい相手とめぐりあうことができずにいる人が本来はT口がやるべき仕事を時間外にさせられているまさにその時にT口とT口の夫は3人目を産むための子づくりの作業・性交をおこなっていたわけですが、そうやって3人目ができると、そうやって子供を作った女は、いずれ、クリスマス前にはケーキ屋に子供と一緒に行って、「ぱ〜ぱ と一緒に食べるケーキを買おうね」とか言って、前から待っている客がいてもおかまいなしに先に買っていくのかもしれませんね・・・。 メリークリスマス。
子供帝国主義は労働者の敵である。

☆ 《YouTube―さやかに星はきらめき O Holy Night》https://www.youtube.com/watch?v=hYWkz_KZdJ8
   (2015.12.18.) 

☆ 「クリスマスが来ると思いだすこと3つ」は、当初、今回の【1】【2】と【3】小堀住研の支店長は痴漢人間 の話とを一緒に公開しましたが、量的に分けた方がよいと判断し、【2】の終わりの部分と、【3】の終わりの部分を加えて、2つに分けた上で公開しなおすことといたしました。
[第274回](下)http://shinkahousinght.at.webry.info/201512/article_3.html と合わせご覧くださいませ。 (2015.12.23.) 


企業と人権 (日本労働法学会誌 (78号))
総合労働研究所

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 企業と人権 (日本労働法学会誌 (78号)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


セクシュアル・ハラスメント (有斐閣選書 (156))
有斐閣
福島 瑞穂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セクシュアル・ハラスメント (有斐閣選書 (156)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クリスマスが来ると思いだす事(上)自分の分はなかったケーキ。子供独善主義の母子。自分さえよければ女 慎腹風呂愚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる